大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』で主演のリック役を演じたアンドリュー・リンカーンが、シーズン9を最後に降板すると報じられている。

リックは降板、ダリルは…

 社会現象にもなった大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』で主演のリック役を務めたアンドリュー・リンカーン(44)が、番組を降板するのではというウワサは2017年末から囁かれていた。
 
 それから半年が経とうとしている今、アンドリューが同ドラマのシーズン9を最後に降板することを海外各メディアが報じている。
 しかも、このシーズン9でリックが登場するのは、わずか6エピソードしかないという。

 同ドラマが初めて放送された2010年から主役として爆発的ヒットに貢献してきたアンドリューは、リック役を十分演じ切ったとし、次のステップとして映画に注力を注ぐため降板すると、Us Weekly誌が伝えている。

画像: リックは降板、ダリルは…

 尚、同作でリックと並ぶ人気を誇るキャラクター、ダリル役を演じたノーマン・リーダスについては、約22億円で続投を交渉しているという。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.