エクササイズに励んでいるのに、なかなかお腹が引き締まらない!とお悩みの人も多いのでは? お腹はボディの中でも、もっとも結果が出にくいとも言われるパーツ。

 セレブ御用達トレーナーなど美ボディのエキスパートたちは、ペタンコお腹を手に入れるためにはライフスタイルやエクササイズの見直しが必要だと話す。

 美ボディのエキスパートたちは、いかにしてペタンコお腹をゲットしているのか? エキスパートたちが実践する、4つの方法をご紹介。

1:アルコールを控える

 ロンドンのフィットネスジム「Sweat it」でヘッドトレーナを務めるメリッサ・ウェルドンは、「アルコールを控えれば、自然と早い結果を出せるわ。ほとんどのアルコール飲料はカロリーが高いし、人は酔った勢いや二日酔いで不健康な食べ物をチョイスしがちになるから」と、英メディアGlamour誌にコメント。

画像1: 1:アルコールを控える

 実際に美女集団のヴィクトリアズ・シークレットのモデルたちも、ヴィクシーショーに向けてのダイエットでは「アルコール禁止」と口をそろえて語るほど。短期間でダイエットの成果を出したいという人は、アルコール飲料を飲まないようにした方が正解かも。

画像2: 1:アルコールを控える

2:自分に合ったエクササイズを見つける

 エクササイズは定期的に続けられることも重要なポイントなので、苦手なエクササイズを無理に行う必要はないという。これも海外セレブたちが口々に語っていること。

画像1: 2:自分に合ったエクササイズを見つける

 ロンドンのボクササイズクラブ「Kobox」でトレーナーを務めるミランダ・ハートは、「私みたいにウェイトトレーニングが苦手な人は、ボクシングでエクササイズを楽しめばいいわ」とコメント。ボクシングには体幹やお腹が自然と引き締まる動きが取り込まれており、知らず知らずのうちに気になるエリアのダイエットが可能になるそう。

画像2: 2:自分に合ったエクササイズを見つける

 ほかにもヨガやピラティス、ダンス、トランポリン、ランニング、スイミング、ウォーキング、縄跳びなど、エクササイズの種類は本当に豊富。続けられない自分を責めるのではなく、まずは自分が楽しいと思えるエクササイズを探すことに集中してみて。

3:体にいいものを食べる

 ダイエット中は特定の食品を食べないことに集中してしまいがちだけれど、人気セレブのキム・カーダシアンの専属トレーナーであるメリッサ・アルカントラは、なにか食べ物をカットするだけではダイエットにならないと話す。

画像1: 3:体にいいものを食べる

 「炭水化物をカットしたら、もっと体に悪い加工食品が食べたくなるわ」とメリッサ。食べていないものだけでなく、その間に食べているものにも注意し、体にいいものを食べることが大切。食事を減らしているのに、体重が減らなければ食生活を見直す必要があるとアドバイスした。

画像2: 3:体にいいものを食べる

4:エクササイズにHIITとLISSトレーニングを取り入れる

 エクササイズに時間を割いて頑張っているのであれば、効果が高いものを取り入れてみるのもアリ。

 「HIIT」とは多くのセレブも取り入れているエクササイズで、高速度インターバルトレーニングと呼ばれる、無酸素運動と有酸素運動を取り入れたコンビネーショントレーニング。ランニングなら1分間高速度でダッシュし、その次の1分から1分30秒は低速度でジョギング。これを繰り返すことで、脂肪燃焼効果が格段に高まるという。

画像1: 4:エクササイズにHIITとLISSトレーニングを取り入れる

 一方「LISS」は、負荷を一定にした強度が低いエクササイズのことで、ウォーキングやスイミングなどの持久系の運動のこと。ビキニデザイナーとして知られ、自身も美ボディを持つナターシャ・オークリーもスクワットや縄とび、ダッシュなどを行い、HIITとLISSをエクササイズに取り入れているそう。

画像2: 4:エクササイズにHIITとLISSトレーニングを取り入れる

 ヘルシーな食品をバランスよく食べ、定期的に体を動かすことを心がけるだけで、結果はおのずとついてくるという。あれこれ難しいことに挑戦するよりも、魅せる美ボディを目指して生活習慣を見直してみて。
(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.