7月13日(金)にいよいよ日本上陸を果たす映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。日本未解禁の最新映像がたっぷりと収められた特別映像が到着した。

 世界中を興奮と感動の渦に包みこんだ『ジュラシック・パーク』の懐かしい映像と共に、スティーヴン・スピルバーグが「25年前に撮ったシリーズ第1作は、単なる恐竜映画じゃなかった。空想科学が”科学”になる瞬間に正面から取り組んだ作品だった」と振り返ることから始まる本映像。続いて、製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウが「前作は我々が大好きな恐竜映画だ。だが、本作は我々の知識を未来へ推し進める作品だ」と語るなど、本映像では、最新作で新たに描かれる物語の一部分が明らかに。

画像1: © Universal Pictures

© Universal Pictures

 火山の大噴火が迫り、絶滅寸前の恐竜たちを守るためイスラ・ヌブラル島へと向かうことになった主人公のオーウェンとクレアたち。しかし、噴火の危機が迫るその背後では、恐竜たちの密輸が企てられ、競売にかけられようとしていた…。クレアを演じたブライス・ダラス・ハワードが「映画の前半はシリーズの王道だけど、後半はより危険な世界に足を踏み入れる」と語るように、恐竜から人間たちが逃げ惑っていたこれまでのシリーズから一転、人間たちの選択によって、恐竜たちの運命が決められる展開へと向かう本作。劇中のオーウェンたちはこれまでのシリーズの中で初めて、人間のためではなく恐竜のための選択を迫られる事になる。

画像2: © Universal Pictures

© Universal Pictures

 さらにその競売では、新たに創られた究極のハイブリッド恐竜“インドラプトル”の姿がお目見え。また、オーウェンの相棒である”ブルー”が彼のピンチに駆けつける様子も垣間見られ、前作から紡がれてきたオーウェンとブルーによる種族を超えた新たなパートナーシップ、そして監督のJ・A・バヨナが「ブルーが物語の核だ」と語る、ストーリー展開にも期待が高まる。

画像3: © Universal Pictures

© Universal Pictures

 また、J・A・バヨナがシリーズに初参戦したことによって、映像のトーンも前作より大幅にスケールアップ。バヨナが「本作には閉ざされている恐怖やゴシック的な要素がある。一味違った緊張感だね」と解説するように、まるで座席の背後に恐竜が迫っていると錯覚しそうな、より一層リアルでスリリングな映像からは、サスペンスを得意とする監督の手腕を感じ取ることができる。

画像: 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像”Lookinside” www.youtube.com

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像”Lookinside”

www.youtube.com

 コリン・トレボロウが「ジュラシック・シリーズの限界点を想像力で突き破ってほしい」と自信をのぞかせているように、ストーリー、恐竜、スリルと、これまでのシリーズを覆す新たな要素がたっぷりと詰まった本作。日本では7月13日(金)全国ロードショー。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.