さまざまなダイエットトレンドが生まれる海外で、今、人気セレブたちが取り入れて話題になっているトレンドがある。それは「EMSダイエット」。

 この「EMSダイエット」とは、電気コードにつながれたボディスーツを着て、電流で筋肉を刺激しながらエクササイズを行うという、新しいタイプのトレーニング法。

 ヴィクトリアズ・シークレットの人気モデル、エルザ・ホスクやアレッサンドラ・アンブロジオ、プラスサイズモデルのアシュリー・グラハムといった人気セレブたちが、EMSダイエットを行う姿がSNSにアップされたことで、一気に話題を集めている。

Mohamed Elzomorさん(@fitlifebymo)がシェアした投稿 -

 日本でも「EMS」と言えば、座っているだけで筋肉がつく腹筋ベルトなどで名前を聞いたことがある人は多いはず。これまでEMSと言えば「何もしなくても筋肉がつく」といったイメージだったけれど、それが海外で進化。より専門的な技術を駆使し、EMSをつけながらエクササイズすることで効果が高まる新技術として、話題を呼んでいる。

Mohamed Elzomorさん(@fitlifebymo)がシェアした投稿 -

Mohamed Elzomorさん(@fitlifebymo)がシェアした投稿 -

 フィットネスジムFit Life By Moで、アレッサンドラ・アンブロジオやアシュリー・グラハムを手がけるパーソナルトレーナーのモハメド・エルザマは、肌から電流を流して電気で筋肉を刺激することによって、筋肉の収縮を促す働きがあると米メディアWomen’s Halthに説明。

Mohamed Elzomorさん(@fitlifebymo)がシェアした投稿 -

 また、理学療法士のダニエル・ジョルダーナ医師によると、EMSは負傷した筋肉を回復させるだけでなく、筋肉の力を増強させる可能性もあるという。
 
 電気の刺激によって筋肉を運動させた場合、自分の力のみで筋肉を動かすよりも高い運動効果が得られると言われおり、さらに息切れすることもないため、長時間のトレーニングが可能になるという。ジョルダーナ医師は、EMSを普段のエクササイズに加えることで、より効果が高まると話している。

画像: ヴィクシーモデルも取り入れる、話題の「EMSダイエット」って?

 ただし、EMSダイエットは電流を使用するため、誰もがチャレンジできるというわけではないよう。とくにペースメーカーなどの医療用電気機器を使用している人、ヘルニアや心臓疾患、妊娠中の人などは、使用を控えなければいけないという。

 これまでの方法とは一線を画したEMSダイエットは、海外のフィットネス界でも波紋を呼んでいる。ダイエット業界で、また新たな進化が始まりそう!(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.