クリスティアーノ・ロナウドがW杯初戦でゴール後に見せた謎の「アゴ撫でポーズ」。この意味を知ると思わずマネしたくなる。

あの動物のマネ?

 ロシアで開催中のワールドカップ2018年大会に母国ポルトガル代表として出場しているクリスティアーノ・ロナウド(33)。

 日本時間の15日に行われたグループリーグ初戦となったスペイン戦でハットトリックを決め、圧倒的なスター性を見せつけた彼が、先制点となった前半戦開始4分でのPKゴール後にあるパフォーマンスを披露。この意味をめぐり、海外のサッカーファンたちが興奮している。

 クリスティアーノが見せたのは、アゴを突き出し、手で「クイクイ」と撫でるポーズ。

 一体これにはどんな意味があるのだろうと、さまざまな憶測が飛び交ったが、最も有力なのは、この「アゴを撫でる」という仕草があごひげが特徴的な「ヤギ」を象徴しているのではないかという説。

 「ヤギ」は英語で「GOAT」だが、最近、海外の若者たちの間で使われているスラングには「G.O.A.T(Greatest Of All Time)」というものがあり、これは日本語に訳すと「史上最高」という意味となる。多くのSNSユーザーたちは、「クリスティアーノはこのジェスチャーを通じて、自分こそが史上最高だ」とメッセージを放ったのではないかと推測している。

 一方で、これは、米フォーブス誌が発表した今年の「最も稼ぐスポーツ選手」ランキングでクリスティアーノを抜いて2位に躍り出たアルゼンチン代表のリオネル・メッシに対する対抗心を露わにしたのではないかという説も。

 メッシはスポーツブランド、アディダス(adidas)のキャンペーンにヤギと一緒に出演しており、クリスティアーノはヤギのあごひげを模すことで、メッシに何らかのメッセージを送ったのではないかという見方もある。

The Greatest Creator of All Time. #HereToCreate

A post shared by adidas (@adidas) on

 クリスティアーノがこの日、この仕草を見せたのは、3得点のうち初回ゴール後のみだったが、今後もW杯期間中に彼の「アゴ撫で」ポーズを見ることはできるのだろうか? (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.