これからの季節、海やプールに行く計画を立てている人も多いはず。そこで気をつけたいのは、プールの水や海水に含まれる塩素。肌だけでなく髪にもダメージを与えてしまうため、夏が終わったら、髪がパサパサゴワゴワになっていた、なんてことも。

 そこで、セレブ御用達の美髪のエキスパートが明かした、バケーションの季節こそ知っておきたいヘアケアの裏ワザをご紹介!

画像1: すぐにできる裏ワザ!海やプールの水から髪を守るワンステップ

 ビヨンセの専属ヘアタイリストとして知られるリタ・ハザンは、プールの水や海水に含まれる「塩素」が髪に与える影響について、「髪が本来持っている必要な油分を奪ってしまうの。髪は油分を失うと、ツヤを失って毛が絡みやすくなり、枝毛が増えてしまうわ」と米メディアPopsugarにコメント。

 とくに髪にカラーリングをしている人は、塩素によって髪の色素が破壊されてしまうので注意が必要だとアドバイス。

 そんな髪の大敵「塩素」から髪を守るために一番有効だと語ったその裏ワザは、とっても簡単。それは、「プールや海に入る前に髪を濡らすこと」だそう。

画像2: すぐにできる裏ワザ!海やプールの水から髪を守るワンステップ

 「乾いた髪で、そのままプールに入ることはオススメできないわ」とリタ。泳ぐ前にキレイな水で髪を先にすすいでおくことで、その水分が髪に染み込み、海水や塩素を含んだプールの水を吸収しにくくするという。

 また、米ボストンのヘアスタイリストであるマリオ・ルッソは、プールや海で泳いだ後に、水で髪を洗い流すだけでもダメージから髪を守る効果があると、米メディアSTYLECASTERにコメント。

 プールや海を目の前にして、そのまま飛び込んでしまいたい気持ちもわかるけれど、泳ぐ前と後にしっかりキレイな水で髪をすすいでおくことが、美髪を維持するカギになるよう。

 今年はこのワンステップで、夏のバケーションに負けない髪を手に入れて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.