音楽マネージャーとしても知られるルイ・ウォルシュが、生放送中に共演女性のお尻を触るというセクハラ動画が掘り起こされ、大バッシングを食らっている。

 ルイ・ウォルシュとは、音楽マネージャーだけでなく、人気オーディション番組『Xファクター』の審査員としても知られている。その問題の動画とは、じつは4年前のもの。

 トーク番組で、ルイは同じく審査員であるサイモン・コーウェルとシェリル・コール、そして元スパイス・ガールズのメラニー・ブラウンと一緒にインタビューを受けていた。しかし生放送中だというのに、ルイは隣に座っているメラニーの腰に手を回し、大胆にもお尻に触っていたのだ。

画像: 生放送中に女性のお尻を触る「セクハラ動画」が浮上し大バッシング

 あまりにもはっきりと分かるセクハラに最初は我慢しているメラニーだけれど、途中で不快な表情になり、「ちょっと待ってよ、なんで私のお尻を掴んでるわけ!?」と番組中に抗議。すると焦ったようにルイは「彼女の面倒を見ていたんだよ!」と言い訳するが、お尻を触っていたことはどうあがいても変えようのない事実。

 メラニーは気を害したようにルイから離れるも、ルイはこの状況を笑いに変えて切り抜けようとしていた。

画像: Louis Walsh enjoying Mel B bum on the xfactor www.youtube.com

Louis Walsh enjoying Mel B bum on the xfactor

www.youtube.com

 この動画は2014年のものだけれど、去年からセクハラ撲滅活動の「# MeToo」などのムーブメントが起こっていることもあり、今になって動画が掘り起こされた。当時は大きな問題にはならなかったものの、今はルイに対してバッシングのコメントが殺到している。

 このセクハラ動画についてルイ側からは、今のところコメントはない。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.