夏まっ只中、ボディづくりのためにエクササイズを取り入れている人もたくさん。そんな日常のエクササイズに、ちょっとプラスするだけでダイエット効果がアップする、「ファートレック」エクササイズをご紹介。

 セルライト治療の専門家ジョルジオ・ツェニクリストスは、楽しみながら効率よく代謝をアップさせるエクササイズとして、北欧発の「ファートレック」エクササイズをオススメ。英GLAMOURでその理由を説明した。

画像: 思いつきですぐできる!脂肪を燃やす「ファートレック」エクササイズ

ペースで遊ぶ?「ファートレック」エクササイズ

 この「ファートレック」の語源はスウェーデン語で、「ファート(ペース)でレック(遊ぶ)」という意味を持ち、自由自在に遊び感覚で運動のスピードを変えることによって、効率よく代謝をアップさせるエクササイズ。

画像1: ペースで遊ぶ?「ファートレック」エクササイズ

 決まった動きや難しいルールがあるわけではなく、運動の「ペースを変える」ことがポイントなので、とても取り入れやすい。例えばランニングなら、普段のペースで走ったあとに全力疾走を行い、そのあと速度を緩めて走り、また全力疾走したり。または、疲れていたら歩きに変えることもペースチェンジになるのでOK。

画像2: ペースで遊ぶ?「ファートレック」エクササイズ

 ジムなどでランニングやサイクリング、水泳などを取り入れている人なら、ちょっと思いついた時にペースを変えてみるだけと簡単。

画像3: ペースで遊ぶ?「ファートレック」エクササイズ

 そうすることで、ランニングやサイクリングといった有酸素運動でも、全力疾走とスローな運動を組み合わせることによって、無酸素運動(全力での短距離走やサイクリング、筋トレといった運動)と有酸素運動(エアロビクス、サイクリング、ウォーキング、ゆっくりとした水泳)の両方を行えるエクササイズになるという。

画像4: ペースで遊ぶ?「ファートレック」エクササイズ

 その結果、効率的に代謝がアップして脂肪を燃焼し、ダイエットやセルライトの改善に絶大な効果を発揮してくれるそう。

 同じ運動のペースを上げ下げするだけでなく、ランニングのブレイクタイムにスクワットや腹筋などを取り入れたりと、違う運動をミックスしてもOK。ジョルジオによると、「ファートレック」エクササイズは週に1、2回行えば十分だという。

 自分の大切な時間とエネルギーを使うエクササイズタイム。どんな運動でも取り入れられる「ファートレック」で、効率よく美ボディを手に入れて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.