デビューから立て続けに大作に出演し、今年も話題の映画『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』に主演する、飛び鳥を落とす勢いで活躍している俳優のアンセル・エルゴート。日本では7月にBS10 スターチャンネルで歴代ヒット作がまとめて放送されるアンセルの魅力を特集します。
画像1: 【特集】アンセル・エルゴート、初主演で300億円超えの「奇跡の新人」にハリウッドが注目

初主演作が300億円超え、奇跡の新人アンセル・エルゴート

 ハリウッドが当時18歳だったアンセル・エルゴートの名前を初めて聞いたのは、わずか6年ほど前。しかし今やアンセルと言えば、映画会社が“欲しがる俳優”として知られる。わずか数年での出演作の総収益が1,300億円以上という数字を見れば、それも当然のこと。

 では、ここまでの成功に導いた彼の魅力とは何なのか?フロントロウ編集部がオススメするアンセルの出演映画から、彼の魅力をひも解く。

画像2: 【特集】アンセル・エルゴート、初主演で300億円超えの「奇跡の新人」にハリウッドが注目

アンセル・エルゴートのベスト作品5選

画像: 『キャリー』© 2013 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. and Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.

『キャリー』© 2013 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. and Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.

5.『キャリー』
アンセルのデビュー作となったのが、クロエ・モレッツ主演で名作ホラーをリメイクした映画『キャリー』。イジメを受けた女子高生キャリー(クロエ・モレッツ)の超能力が惨劇を生む同作で、映画のクライマックスの幕開けとなるプロムにキャリーを同伴するトミー役を演じるアンセル。心優しい男子高校生トミー役は高校生らしい自信と希望にあふれていて、高校を卒業したばかりのアンセルだからこそ出せたリアリティがある。

画像3: 【特集】アンセル・エルゴート、初主演で300億円超えの「奇跡の新人」にハリウッドが注目

クロエ・モレッツとはその後も、2015年のアカデミー賞で一緒にプレゼンターを務め、2017年に映画『ノベンバー・クリミナルズ』で再共演するなど、縁が深い。

Ansel's Story
監督の目をひく“映画スター”風な魅力
アンセルが演じたトミー役には当初別の俳優がキャスティングされていたものの、スタッフの強い勧めでアンセルをオーディションした監督が彼に惚れ込み、役がまわってきた。監督いわくアンセルは若い頃のチャニング・テイタムを彷彿とさせたそうで、「心のそこから人の好い男性だと思えるハンサムな人を見つけるのは難しい。そういった人材は映画スター向きなの」と語った

画像4: 【特集】アンセル・エルゴート、初主演で300億円超えの「奇跡の新人」にハリウッドが注目

『ステイ・コネクテッド~つながりたい僕らの世界』©PARAMOUNT PICTURES / Album/Newscom

4.『ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界』
アダム・サンドラーやジェニファー・ガーナーといったアンサンブルキャストで贈る『ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界』は、インターネットという共通点を軸に、性生活にトラブルを抱える夫婦、束縛に揺れる母娘、両親の離婚に戸惑う少年という3つのストーリーが展開していく作品。同作では、10代が感じる不安や不平を抱えながらふさぎこむアンセルの繊細な演技が見られる。

画像5: 【特集】アンセル・エルゴート、初主演で300億円超えの「奇跡の新人」にハリウッドが注目

アンセルとヴィオレッタは、映画『フェ―ム』の題材になった有名なアート学校フィオレロ・H・ラガーディア高校の先輩と後輩。

Ansel's Story
彼女ひと筋な理想の彼氏
『ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界』でネットゲーム中毒の少年を演じたアンセルに中毒があるとすれば、それは、高校時代からの彼女ヴィオレッタ・コミシャン。理想の彼女がいるから女遊びする必要なしと断言し、ことあるごとに、ヴィオレッタのSNSに彼女をベタ褒めする書き込みをしているアンセル。交際期間は6年に及び、つい最近も「彼女抜きの人生などいらない」と語る、変わらぬラブラブぶり。

画像: 『ダイバージェントFINAL 』TM & © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『ダイバージェントFINAL 』TM & © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

3.『ダイバージェント』シリーズ
人気ディストピア小説を映画化したSFアクション3部作。人類が「無欲」「平和」「高潔」「博学」「勇敢」の5グループに分けられた世界で、主人公ベアトリスを中心に、民が陰謀と闘う。アンセルは体を使うことよりも知識を使うことを得意とする、主人公の弟ケイレブ役を演じており、自分とは正反対な役どころを演じきるため、走り方にまでこだわりが見られる。

画像: アンセル・エルゴートの父アーサー・エルゴート(右)は、Vogue誌表紙の撮影も務めた有名カメラマン。

アンセル・エルゴートの父アーサー・エルゴート(右)は、Vogue誌表紙の撮影も務めた有名カメラマン。

Ansel's Story
目標にくらいつく情熱家
著名なファッションフォトグラファーであるアーサー・エルゴートを父に持つアンセルは、お金は気にしないで情熱を燃やせる夢を追うよう育てられてきたという。これが、目標を高く持ってそれに向かって突き進む性格の原点になっており、ブレイク前には、実家に暮らしながら何本もオーディションテープを作ることに熱中。その結果、『ダイバージェント』に合格した。

画像: 『きっと、星のせいじゃない。』©TEMPLE HILL ENTERTAINMEMT / Album/Newscom

『きっと、星のせいじゃない。』©TEMPLE HILL ENTERTAINMEMT / Album/Newscom

2.『きっと、星のせいじゃない。』
アンセルにとって初主演映画となった同作は、『ダイバージェント』で姉弟を演じたシェイリーン・ウッドリーと、今度は恋人同士を演じた青春ロマンス映画。がんを患う少女と骨肉腫で脚を失った少年の愛の物語に多くの映画ファンが涙し、世界興収は300億円を突破。『ダイバージェント』の時とはガラリと違う2人のケミストリーが楽しめる。

画像: アンセル・エルゴート、『ダイバージェントNEO』プレミアでファンと記念撮影。予定をオーバーしてファンサービスに熱中することも少なくない。

アンセル・エルゴート、『ダイバージェントNEO』プレミアでファンと記念撮影。予定をオーバーしてファンサービスに熱中することも少なくない。

Ansel's Story
ハリウッド一近づきやすい俳優!?
世界的に大ヒットした『きっと、星のせいじゃない。』の公開をきっかけに、一気にファン層が拡大したアンセル。以前から「僕を見かけたら普通に声をかけてくれ」と語ってきたアンセルの気さくなファン対応はブレイク後も変わらず、自分からSNSで現在位置を発信して唐突にファンミーティングを行うこともしばしば。

画像: 『ベイビー・ドライバー』© 2017 TriStar Pictures, Inc. and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

『ベイビー・ドライバー』© 2017 TriStar Pictures, Inc. and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

1.『ベイビー・ドライバー』
アンセルの俳優としての魅力が大爆発しているのが、強盗映画である同作。口数は少ないが天性の運転スキルを持つベイビー(アンセル・エルゴート)は、強盗団の元締めドクに犯行後にグループを逃がすゲッタウェイ・ドライバーとして雇われる。しかし少しずつ歯車が狂いはじめ…。映画の醍醐味である音楽にぴたりと合ったアンセルのパフォーマンスと、長回しのカメラワークの相性がバツグン。

画像: DJとしてはマイアミのウルトラ・ミュージック・フェスティバルでもプレイしたことがある実力。写真はDNCEのジョー・ジョナスと。©Ansel Elgort/Instagram

DJとしてはマイアミのウルトラ・ミュージック・フェスティバルでもプレイしたことがある実力。写真はDNCEのジョー・ジョナスと。©Ansel Elgort/Instagram

Ansel's Story
演技・音楽・ダンスの三刀流
『ベイビー・ドライバー』での軽快なステップは、幼い頃からバレエに親しんできたアンセルだからこその技。さらに、劇中では主人公が趣味で音楽をミックスするが、こちらも、アンソロ(Ansolo)という名前でDJ活動をするアンセルにはお馴染みの行為。『ベイビー・ドライバー』は、まさにアンセルのハマり役ということ。

 ここ日本でもアンセルの人気は拡大しており、7月には、注目の役者や監督を毎月ピックアップして彼らの作品を特集放送しているBS10 スターチャンネルが『ライジングスター:アンセル・エルゴート』としてアンセルの出演作を特集放送する。

 同じく7月には、実在の金融事件を題材に注目の若手俳優が一堂に会する話題作『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』 が全米公開する。アンセルは主演を務めており、本作でさらなるキャリアアップが期待されている。

【BS10 スターチャンネル 放送情報】
「ライジングスター:アンセル・エルゴート」特集
放送作品:『キャリー(2013)』、『ダイバージェントFINAL』、『ベイビー・ドライバー』
放送日時:【STAR2 字幕版】7/17(火)~ 7/19(木)よる9:00頃~ 連日放送 / 7/29(日)午後2:20~ 一挙放送
公式サイトはコチラ

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.