ディズニーランドの乗り物としても人気が高い『ジャングルクルーズ』が、実写化される。

 これまで『美女と野獣』や『シンデレラ』をはじめ、多くのディズニー映画が実写化され、2019年には『ライオンキング』や『アラジン』など、気になるディズニー映画が目白押し。

 そんななか、ディズニーランドのアトラクションとしても人気が高い『ジャングルクルーズ(原題:Jungle Cruise)』が実写化され、2019年に公開されることが決定し、話題を集めていた。

 今回映画『ジャングルクルーズ』では、人気俳優のドウェイン・ジョンソンが陽気で勇敢な名物船長に。そして癒しの力がある木を見つけるというミッションを持つ姉弟役を演じるエミリー・ブラントとジャック・ホワイトホールがそのボートに乗り、様々なことを乗り越えていくというストーリー。

画像1: ディズニーランドの『ジャングルクルーズ』が実写化!すでに撮影現場が楽しそう

 現在撮影中のドウェインとエミリーは、さっそくSNSを通じて「みんな『ジャングルクルーズ』のセットへ、ようこそ」と撮影現場を動画で紹介。2人の相性は抜群で、冗談を言い合ったりハグをしたり、ジャングルのなかでも和気あいあいとした様子を見せた。

 これまでディズニーランドの人気アトラクションであるカリブの海賊が『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで人気を博しただけあり、今回の『ジャングルクルーズ』にも期待がかかる。

 映画『ジャングルクルーズ』は、アメリカで2019年10月11日に公開予定となっている。(フロントロウ編集部)

画像2: ディズニーランドの『ジャングルクルーズ』が実写化!すでに撮影現場が楽しそう

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.