女優のクロエ・モレッツが元恋人ブルックリン・ベッカムの「ある行動」に不満爆発!?

破局後の元彼の行動に苦言

 クロエ・モレッツ(21)が、元サッカー選手のデビッド・ベッカムの長男で元恋人のブルックリン・ベッカム(19)の「ある行動」に対して手厳しいコメントをした。

画像: 破局後の元彼の行動に苦言

 英The Sunday Timesのインタビューで、「失恋はツラいものよ。おまけに私に関するニュースがSNSに投稿されると、必ずタグ付けされて、私にもそのお知らせが来る」と明かしたクロエ。

 元彼の“新たなロマンス”についてもこの方法で知ることが多いそうで、「(元彼の)恋愛事情に何か動きがあると私のスマホに通知が来る。新しい恋について知る時は、9割ぐらいがそのパターンね」と、“知りたくないけど、知ってしまう”セレブならではの破局後の苦労を語った。

 ちなみに、このインタビューでブルックリンについて何か言いたいことはあるかと聞かれたクロエは、「何も言うことはないわ」と即答。

画像: クロエと破局したあと、ブルックリンはシンガーのレキシー・パンテラとの熱愛が報じられた。

クロエと破局したあと、ブルックリンはシンガーのレキシー・パンテラとの熱愛が報じられた。

 しかし、途中で気が変わったのか、「私自身、人前でイチャイチャするのがあまり好きではないの。だから、人がイチャつく姿が私のスマホに表示されるのも正直ゴメンよ」と、クロエと破局以降、複数の女性と親密そうにする姿が激写されたブルックリンへの皮肉ともとれるコメントをした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.