ソウルの女王と言われる大物シンガーのアレサ・フランクリンが危篤状態であることを受けて、シンガーのビヨンセとジェイ・Zが公演をアレサに捧げた。

 アレサ・フランクリンと言えば、1967年にシングル「リスペクト」が大ヒットし一躍有名に。それからも多くのシンガーから慕われる大御所シンガーとして活躍してきた。これまでにグラミー賞を18回も受賞するという輝かしい経歴の持ち主であるアレサは現在76歳。

画像1: ビヨンセ&ジェイ・Z、危篤の「ソウルの女王」アレサ・フランクリンに公演を捧げる

 そんなアレサが危篤状態となり、現在デトロイトの自宅で治療を受けていることが明らかに。それを受けて、現在夫婦でツアーを行っているビヨンセとジェイ・Zがデトロイト公演でアレサについて語った。

画像2: ビヨンセ&ジェイ・Z、危篤の「ソウルの女王」アレサ・フランクリンに公演を捧げる

 ビヨンセは公演中に「あなたのことを愛しているわ。美しい音楽をありがとう」と話し、デトロイト公演をアレサに捧げると宣言。

 さらに、この日の公演でオープニングアクトを務めたDJキャレドは、アレサのヒット曲「リスペクト」をかけた。

 アレサの危篤に関して、ほかのシンガーたちも反応しており、マライア・キャリーは「ソウルの女王のために祈っているわ」とコメントし、ミッシー・エリオットは「アレサ・フランクリンと彼女の家族のために祈っています。私たちが見られる間に、生きる伝説を称えなければいけないわ」とコメントした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.