米ディズニーランドの園内にある「ゴミ箱」から絶対にゴミがあふれ出ない理由とは?

ゴミ箱に隠された“仕掛け”

 米ディズニーランドの園内にある「ゴミ箱」から決してゴミがあふれ出ることがないのは、ゴミ箱にある「仕掛け」が隠されているからだということをご存じだろうか?

 訪れた人に快適な時間を過ごしてもらうため、園内の清潔感を保つことを徹底しているディズニーランドでは、キャストと呼ばれるスタッフがつねに園内の掃除を行うなどして、ゴミが人目につくことを阻止するために並々にならぬ努力をしている。

画像: ゴミ箱に隠された“仕掛け”

 公共の場にあるゴミ箱からゴミがあふれ出ているのを目にしたことがある人も多いと思うが、ディズニーランドではそのようなことは絶対にありえない。というのも、ディズニーランドの園内にあるゴミ箱は、約20分おきに溜まったゴミがゴミ箱の底から吸い取られる仕組みになっているから。ちなみに、吸い取られたゴミは、専用の配管をつたって地下のゴミ集積所へと送られる。

 ディズニーランドでは、このほかにも園内の“香り”をコントロールするための特別な装置が設置されているほか、「ゴミになる&片付けが大変」という理由から園内でのガムの販売を禁止にするなど、「夢の国」ならではの様々な工夫やルールがある。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.