イギリス王室のメーガン妃のウェディングメイクを担当したメイクアップアーティストが、
15分で完了するナチュラルメイクを伝授。

 5月に行われたロイヤルウェディングでの作り込みすぎないごく自然なメイクが好評だったメーガン妃

画像: メーガン妃のメイク担当が伝授 「15分で完了する」ナチュラルメイクのコツ

 この日のメーガン妃のメイクを担当したメイクアップアーティストのダニエル・マーティンが、日頃からクライアントたちのメイクを手がける際に大切にしているのは、それぞれの女性が持つチャームポイントを上手く引き立て、その人本来の美しさを輝かせるということ。

 メーガン妃以外にも、女優のジェシカ・アルバやヴァネッサ・ハジェンズら、たくさんの人気セレブたちから指名を受けるダニエルが、米や緑茶などの日本由来の成分を配合した和風コスメが人気のブランド「Tatcha(タッチャ)」の創設者であるヴィッキー・ツァイとともに、朝忙しくても15分という短時間で完了できるナチュラルメイクのコツを米E!ニュースに紹介。

A post shared by Daniel Martin (@danielmartin) on

ダニエル(右)とヴィッキー(左)。

 ダニエルとヴィッキーが教える時短メイクのコツがコチラ。


<Step1:洗顔&角質ケア>

 メイクのノリを格段にアップするためにダニエルが欠かさないのは、メイク前のスキンケア。余分な角質を取り除くことで「肌の表面を滑らかに均一にできるんです」と話すダニエルが愛用しているのは、
Tatchaの米ぬか入りのパウダー洗顔料「ライスポリッシュ」。

画像: www.tatcha.com
www.tatcha.com

<Step2:保湿&紫外線予防>

 やさしく角質をケアした後は、美容液をオン。その上から保湿効果の高い乳液などのモイスチャライザーでしっかりと潤いを閉じ込めて。
SPF入りの化粧下地などを使い、紫外線のダメージから肌を守るのも忘れずに。

<Step3:ベースメイク>

 メイク前のスキンケアが完了したら、肌の色ムラを整えるようにスポット状にファンデーションを乗せて。ナチュラルな色合いのハイライターを使い、ツヤ感を演出するとみずみずしくヘルシーな印象に仕上がる。

<Step3:アイメイク>

 アイシャドウ用はブラシやチップを使うのではなく、あえて指を使って乗せる派だというダニエル。その理由について、素早く仕上がるだけでなく「直接まぶたに触れることで
目の奥行きを理解し、立体感を演出することができます」と説明している。

<Step4:リップメイク>

 
ナチュラルメイクだからといって、手を抜いてはいけないのが「リップメイク」。リップバームでしっかりとケアしたら、口紅を丁寧にのせてきちんと感を。ダニエル曰く、リップメイクは「顔をドレスアップしてくれる」のだそう。

 

 ダニエルは「スキンケアの基本ルーティンを築き上げて、日頃から肌をしっかりと整えておくようにすれば、自然と顔にたくさんのメイクをのせたくなくなるはずです」ともコメント。ナチュラルメイク成功の一番の秘訣は、やはりベースとなる健康な肌づくりということのよう。 (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.