南米発の5人組ボーイズグループCNCO(シー・エヌ・シー・オー)の勢いが止まらない。9月に初来日が決定したCNCOの海外での熱狂ぶりとメンバーの魅力を特集。

ビヨンセもファレルも!世界はラテンブーム!

 全米シングルチャートの歴代最長1位タイを記録した「デスパシート」や、カミラ・カベロがキャリア初の全米1位を獲得した「ハバナ」、ビヨンセが参加した「ミ・ジェンテ」など、2017年は前年の約5倍のラテンソングが全米シングルチャートにランクイン

 2018年に入っても、話題沸騰中のラッパーであるカーディ・Bが参加した「ラ・モデロ」やファレルとカミラ・カベロの豪華コラボが実現した「サングリア・ワイン」など、ラテン音楽が全米チャートを賑わせている。

画像: ビヨンセもファレルも!世界はラテンブーム!

 音楽界に空前のラテンブームが到来するなか、注目株が、9月に初来日が決定した5人組ボーイズグループのCNCO。ラテン圏や、ラテン系国民が多い欧米で社会現象を起こしているCNCOとは一体?

1Dを超えた「ラテン系」ボーイズグループ

 ラテン圏で放送された音楽オーディション番組『ラ・バンダ』で結成されたCNCOは、デビューアルバムの収録曲「恋のレゲトン・レント/Reggaeton Lento (Bailemos)」がメガヒット。MVの再生回数があのワン・ダイレクションの持つ1本での最高再生記録9.6億回を大きく上回り、13億回を突破。空前の社会現象となった。

画像: 2018年ビルボード・ラテン・ミュージック・アワードで、年間最優秀ポップアーティスト賞(デュオ/グループ部門)を受賞したCNCO。

2018年ビルボード・ラテン・ミュージック・アワードで、年間最優秀ポップアーティスト賞(デュオ/グループ部門)を受賞したCNCO。

 その後も、初の単独ツアーが全公演完売、2ndアルバムで2作連続の全米ラテン・アルバムチャート1位獲得など、次々と凄まじい記録を樹立。

 ラテン系音楽アワードで新人賞や最優秀アルバム賞を総なめにするなか、2017年から2年連続でアメリカの大型アワードであるアイハートラジオ・アワードやティーン・チョイス・アワードで賞を受賞。ラテン圏から世界を舞台に人気を拡大し、2018年9月、いよいよ初来日が決定した。

ファンの熱狂を見ればでCNCOのスゴさが分かる!

世界中で確認されている、CNCOのファンの凄まじさをご覧ください。

画像: プエルトリコのイベントでは二階までファンであふれかえった。©CNCO/Facebook

プエルトリコのイベントでは二階までファンであふれかえった。©CNCO/Facebook

画像: イタリアにもCNCO旋風が到来。©CNCO/Facebook

イタリアにもCNCO旋風が到来。©CNCO/Facebook

CNCOのファンエピソード
ホテルの前でファンが“寝待ち”
CNCOをひと目見たいと願い、宿泊先のホテル前にファンの姿を見かけることは珍しくない。時にはホテル前で夜を過ごすファンもいて、リチャードは「朝の3時に外を見たらファンがいて、僕らの曲を歌ってたりするんだ」と嬉しそうにティーン誌Fridaに語った。

CNCOのファンエピソード
天井からファンが楽屋に侵入!
メキシコ公演の時には、なんとファンが天井のダクトを通って楽屋の上まで到達。着替え中に名前を呼ぶ声を聞いたメンバーが換気口から写真を撮っているファンを発見。ファンは御用となったのだが、メンバーは「気に入ってるよ!やり続けてね!(クリストファー)」と楽しんでいる様子。

画像: アルバムの視聴会にメンバーが現れると会場は大パニックに。©CNCO/Facebook

アルバムの視聴会にメンバーが現れると会場は大パニックに。©CNCO/Facebook

画像: セレブ界でも友達の輪を増やしているCNCO。左は歌手のカミラ・カベロ、右は女優のサルマ・ハエック。中央のリッキー・マーティンはCNCOのマネージャーを務める。©Instagram

セレブ界でも友達の輪を増やしているCNCO。左は歌手のカミラ・カベロ、右は女優のサルマ・ハエック。中央のリッキー・マーティンはCNCOのマネージャーを務める。©Instagram

フロントロウMEMO
CNCOはファンサがヤバい
CNCOwners(シー・エヌ・シー・オーナーズ)と呼ばれるCNCOファンの熱量が高いのは、CNCOのメンバーがアツいから!? ファンから唇へのキスを求められることも珍しくなく、ステージにファンを上げて密着しながら歌ったり、積極的なパフォーマンスはさすがラテン男子。9月の来日時には「灼熱のアモール★プレミアム・ハグ会」と題された密着企画が予定されているので、CNCOの灼熱のファンサービスに期待が高まる。
CNCO来日スペシャル無料ライヴ&プレミアム・ハグ会

今日好きになる。CNCOの推しメンを見つけよう!

ラテン系男子らしいセクシーさでファンを魅了するCNCO。グループの中には、ワイルド系から、王子様系、さらに少年系まで、タイプの違う美男子が集まる。お気に入りの推しメンは誰?

画像: ©CNCO/Facebook

©CNCO/Facebook

クリストファー・ベレス(22)

画像: ©Christopher Velez Muñoz/Instagram

©Christopher Velez Muñoz/Instagram

自由奔放な少年キャラ。グループが結成されたオーディション番組『ラ・バンダ』で最も多い視聴者票を獲得したクリストファーは、インタビュー中にはメンバーの答えに合いの手を入れることが多いグループのムードメーカー。左腕にCNCOのロゴのタトゥーが入っている。

出身国:エクアドル
自分の性格:「前向き。ハッピー。冒険好き」
好きなタイプ:「僕のキャリアを支えてくれる人と出会いたいよ。笑顔は大事だね。いつも笑顔の人が好きだから。前向きで、冒険好きで、おおらかな人がいいな」
日本の印象:「僕はドラゴンボールが大好きだよ!ナルトも」
9月の初来日中にしたいこと:「日本食を食べて、外に遊びに行きたい。そしてもちろん、日本のファンに会いたいよ」
日本のファンへのメッセージ:「君達のことを愛してるよ!」


ジョエル・ピメンテル(19)

画像: ©Joel Pimentel/Instagram

©Joel Pimentel/Instagram

甘いセリフをクールな顔してサラリと言えちゃう王子様キャラ。ディズニー・チャンネルを見て育ち、昔から歌だけでなく演技にも強く惹かれてきた根っからのエンターテイナー。ツイッターで日本のファンと交流したこともあり、2017年には日本で地震が起きたことを聞いて、「ジャパン、無事でいてね」と心配そうにツイートしていた。

出身国:アメリカ(メキシコ系)
自分の性格:「熱心、あるいは、堅実」
好きなタイプ:「忠誠心があって、正直で、良い心の持ち主で、長時間いい会話が続く人。あとは、冒険好きで新しいことに色々トライする人だね」
グループの仲を保つヒケツ:「リアルにならないといけないね」
日本の印象:「ポケモンとピカチュウは知ってるよ。あと、コンニチハ。日本はすごく人が一杯いるイメージがあるよ」
9月の初来日中にしたいこと:「日本で沢山友達を作りたいな」
日本のファンへのメッセージ:「僕達は君達を愛してるよ。応援してくれて、どうもありがとう。近々会おうね」


リチャード・カマチョ(21)

画像: ©Richard Camacho/Instagram

©Richard Camacho/Instagram

ワイルド担当。前がはだけたシャツの下からダンスで鍛えた肉体美をのぞかせるセクシー男子は、寝坊しやすいメンバーを電話で起こしてあげる面倒見のいい一面も。それもこれも、実は2歳の娘がいるパパだから⁉ 娘を溺愛するイクメンな姿にやられるファンも多く、娘のアリーヤちゃんはすでにインスタグラムで30万人近いフォロワーがいる人気者。

出身国:ドミニカ共和国
自分の性格:「気分屋。いい気分の時もあれば、そうでない時もある」
好きなタイプ:「とても誠実で、ハングリー精神があって、僕のキャリアを支えてくれる人がいいな」
グループの仲を保つヒケツ:「コミュニケーションと正直になること。あと、構っていい時と、一人になれるスペースをあげる時を知っておく必要があるね」
日本の印象:「日本といえば、高層ビルを思い浮かべるよ。僕達、映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』を観たからさ。高層ビルの屋上で、彼らがサッカーしてるシーンがあったんだ」
9月の初来日中にしたいこと:「クラブに行って、どんなか感じか見てみたい」
日本のファンへのメッセージ:「応援ありがとう、近々会おう」


エリック・ブライアン・コロン(17)

画像: ©Erick Brian Colón/Instagram

©Erick Brian Colón/Instagram

グループ最年少。人見知りなため一見おとなしそうに見えるが、メンバーいわく、一番のトラブルメーカーも、一番女性を口説きやすいのも彼。最年少のため、結成当初は1歳年上のジョエルと一緒に朝早くから起きてテレビ電話で学校の授業を受けて、仕事と勉強を両立していた。

出身国:キューバ
自分の性格:「努力家」
好きなタイプ:「僕を愛してくれる人だね。そして、僕のキャリアを支えてくれる人」
グループの仲を保つヒケツ:「誠意」
日本のファンへのメッセージ:「どうもありがとう」


サブディエル・デ・へスース(20)

画像: ©Zabdiel De Jesús/Instagram

©Zabdiel De Jesús/Instagram

身長180センチの好青年。グループの中でもっとも涙を見せやすい素直なタイプ。芸術家肌だという本人の主張はウソではなく、10代の頃にバレエを勉強していたダンサーであり、楽曲プロデュースもする多才なアーティスト。

出身国:プエルトリコ
自分の性格:「中立的かな」
好きなタイプ:「誠実で、いい人で、笑顔が素敵な人」
グループの仲を保つヒケツ
日本のファンへのメッセージ:「みんなにダイスキって言いたい」

 7月25日にアルバム『CNCO(ジャパン・エディション)』で日本デビューしたCNCO。ついに9月、初来日を果たす。(フロントロウ編集部)

<アルバム情報>
『CNCO(ジャパン・エディション)』
発売中
¥2,200+税/SICP-5803
[収録楽曲]
01 恋のレゲトン・レント|Reggaeton Lento (Bailemos)★
02 ソロ・ヨ|Solo Yo
03 ヘイ・DJ |Hey DJ/ (CNCO & ヤンデル|CNCO & Yandel)
04 セ・ブエルベ・ロカ|Se Vuelve Loca
05 マミータ|Mamita
06 フィエスタ・エン・ミ・カサ|Fiesta en Mi Casa
07 ノチェ・イノルビダブレ|Noche Inolvidable
08 ボニータ|Bonita
09 エストイ・エナモラード・デ・ティ|Estoy Enamorado de Ti
10 マラ・アクティトゥー|Mala Actitud
11 ミ・メディシーナ|Mi Medicina
12 ファン・エナモラーダ|Fan Enamorada
13 ノ・メ・スエルテス|No Me Sueltes
14 デムエストラメ|Demuestrame
15 レゲトン・レント (リミックス) |Reggaeton Lento (Remix) / (CNCO & リトル・ミックス|CNCO & Little Mix)
16 マミータ (スパングリッシュ) |Mamita (Spanglish) ★日本限定新曲
17 キシエラ|Quisiera★
18 タン・ファシル|Tan Facil★
19 プリメラ・シータ|Primera Cita★ 
20 パラ・エナモラルテ|Para Enamorarte★  
21 デブエルベメ・ミ・コラソン|Devuelveme Mi Corazon★  
22 ボルベルテ・ア・ベール|Volverte a Ver★
★=日本ボーナストラック
CNCO日本公式サイト

画像: 『CNCO(ジャパン・エディション)』発売中 www.sonymusic.co.jp

『CNCO(ジャパン・エディション)』発売中

www.sonymusic.co.jp

Photos: スプラッシュ/アフロ、ニュースコム

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.