デザイナーとして活躍するヴィクトリア・ベッカムが、ファッションショー後のパーティーでかなり貴重な姿を見せた。

 先日、ロンドンファッショウィークでコレクションを披露したヴィクトリア・ベッカム。今年はデザイナーとしてデビューして10周年という節目ということもあり、最前列には家族が勢ぞろい。

 そして10周年の広告は長男のブルックリン・ベッカムが撮影するという、まさに家族総出でヴィクトリアのサポートを行った。

 そんなヴィクトリアが、ロンドンで行われた自身のファッションショーの後、英Vogueの編集長エドワード・エニンフルと夫のデビッド・ベッカムが主催者となった、Victoria Beckhamの10周年記念パーティーに出席。そこでかなり意外な姿を見せ、その姿を自身のインスタグラムで公開した。その姿はこちら。

 ヴィクトリアはヒールのままソファーに乗り、ヴィクトリアがメンバーの一員であるガールズ・グループ、スパイス・ガールズの楽曲「スパイス・アップ・ユア・ライフ」に合わせてダンス。いつも無表情なことが多いヴィクトリアが、ここまではっちゃけるのはかなりレア。

 10周年のコレクションが終わり、重荷がなくなり気持ちが楽になったのか、珍しくパーティーでハメを外して楽しんだヴィクトリアだった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.