マーベルMCU映画の最新作となる『キャプテン・マーベル』の予告編が解禁され、ファンから寄せられる「ある不満」に、主演のブリー・ラーソンが粋な返しで反応した。

「笑っていない」と言われたブリーの返しは

 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と、その続きが描かれる『アベンジャーズ4(仮)』を繋ぐ重要な作品となる映画『キャプテン・マーベル』。

 MCU映画で史上初めて女性ヒーローが単独で主人公を務める『キャプテン・マーベル』は、先日ついに予告編が公開され、ますます注目を集めている。

 そこで、予告編より前に公開されたファーストルックを含めて、ブリー・ラーソン演じるキャプテン・マーベルがほとんど笑っていないことに気がついた一部のファンが「笑ってなくて変」などと批判。

 わざわざフォトショップでキャプテン・マーベルの表情をフォトショップで笑顔に変えるツイッターユーザーまででてきた。

Turd Flinging Monkey on Twitter

twitter.com

 これに対して、ブリーが自身のインスタグラムのストーリーに3枚の写真を投稿。コメントをすることもなく、たった3枚の写真で「笑っていない」ことを批判する一部のファンをピシャリと黙らせた。

 ブリーが投稿したのは、『アベンジャーズ』シリーズでお馴染みの『アイアンマン』、『キャプテン・アメリカ』、『ドクター・ストレンジ』のポスターをフォトショップして主人公の顔を笑顔に変えたもの。

画像1: twitter.com
twitter.com
画像2: twitter.com
twitter.com
画像3: twitter.com
twitter.com

 シリアスな雰囲気には不自然な笑顔のキャラクターの画像を公開して、これまでのどの男性キャラクターも本来は笑っていないことを証明した。

 無言のメッセージを残したブリーに、「さすがキャプテン・マーベル」といった称賛の声が多数寄せられている。(フロントロウ編集部)

 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.