ジバンシイよりオードリー・ヘップバーンが愛し続けた名香「ランテルディ」が60年の歳月を経て、大胆に刷新。ミューズは女優のルーニー・マーラが務める。

 1952年、ユベール・ド・ジバンシィはオードリー・ヘップバーン主演「麗しのサブリナ」のためのドレスを担当。生涯に渡り親交を深めることになるオードリーに、彼女のための香水を捧げた。

 1957年、この香水を発売しても良いか尋ねたユベールに、オードリーは「お気に入りの香水だから、私以外は使ってはダメ」と言ったというチャーミングなエピソードから、名香「ランテルディ」(禁止)が誕生。

画像1: ジバンシイよりオードリー・ヘップバーンが愛し続けた名香「ランテルディ」が刷新

 「ランテルディ」はクチュリエと女優という仕事上の関係を超越し、深い信頼関係で結ばれた二人の友情の証でもあり、パルファム ジバンシイの原点として、時代が変わっても受け継がれる永遠の名香。

 また発売当初、「ランテルディ」の広告モデルにオードリーを起用したことからも、「ランテルディ」に託した二人の絆の深さが思われる。

画像2: ジバンシイよりオードリー・ヘップバーンが愛し続けた名香「ランテルディ」が刷新

 そして2018年。メゾンの歴史に新たなページが刻まれる。ジバンシイはその永遠の名香に流れるDNAを進化させ「ランテルディ」(禁断)という名の新たなフレグランスをここに誕生させた。

ピュアな輝きのホワイトフワラーとダークなアンダーグラウンド ノートによる“禁断”のハーモニー

画像1: ピュアな輝きのホワイトフワラーとダークなアンダーグラウンド ノートによる“禁断”のハーモニー

 大胆不敵なパワーに溢れた記憶に残るフレグランス。エレガンスの中に潜む衝撃が新しい時代のフェミニニティを体現。ホワイトフラワーとダークなアンダーグラウンド ノートという禁断のコンビネーションが生み出すハーモニーが、シックを装う衝撃的なファセットを露わにする。

画像2: ピュアな輝きのホワイトフワラーとダークなアンダーグラウンド ノートによる“禁断”のハーモニー

 ドミニク・ロピオン、アンヌ・フリッポ、そしてファニー・バルという調香師たちの手によって誕生した「ランテルディ」は、オレンジフラワーとジャスミン、そしてチュベローズをブレンドした輝くようにエレガントなホワイトフラワーと、ベチバーやパチョリによるダークで荒削りなアンダーグラウンド ノートの禁じられたブレンドが奏でる“アンダーグラウンド フラワー”。

 エレガントに、でも大胆に、そして自分らしく自身だけの道をみつけて自由を手に入れる。全てのジバンシイ ウーマンに捧げられた香り。

画像3: ピュアな輝きのホワイトフワラーとダークなアンダーグラウンド ノートによる“禁断”のハーモニー

パルファム ジバンシイ
ランテルディ オーデパルファム
L’Interdit Eau de Parfum
〈ナチュラルスプレイ〉
35mL 9,000円 / 50mL 11,000円 (全て税抜)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.