ラフォーレ原宿40周年記念イベントとして、アクティビズムの視点を通して、ファッションとアートの融合を表現した展覧会「GET A LIFE!」を11月18日(日)まで開催。

 イギリス人デザイナーであり、アクティビストでもあるヴィヴィアン・ウエストウッドは、常にコレクションやキャットウォークショーを、社会的なメッセージを発信するためのプラットフォームとして活用してきた。

 長年にわたり、気候変動や過剰消費が環境に与える深刻な影響を訴え続けており、その改革運動は、国際社会においても大きな注目を集めている。

 本展では、多くの著名人のポートレートをロンドン・ウォータールー駅で一堂に展示して注目を集めた、国際環境NGOグリーンピースとの共同キャンペーン“SAVE THE ARCTIC”をはじめ、アクティビズムとデザインが具現化された、数々のコレクションやグラフィックを展示。

「私たちが持ち得る最大の武器は世論です。アートギャラリーへ行き、自らがどんな世界に生きているかを知ってください。それがより良い世界のために戦う一歩となるのです」ーヴィヴィアン・ウエストウッド

 開催期間中、会場では、日本環境設計株式会社が行う“BRING”=不要衣類の回収プロジェクトや、来場者が使用済みペットボトルのキャップを持参することで、共に作品を作り上げる参加型プロジェクトなども実施。さらに、会場でしか手に入らない限定アイテムの販売も予定している。

Vivienne Westwood - GET A LIFE!
日程: 2018年11月2日(金)-2018年11月18日(日)
開場時間: 11:00-21:00
会場: ラフォーレミュージアム原宿
住所: 東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階
入場料: 無料

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.