10月8日に33歳の誕生日を迎えたブルーノ・マーズが、セレブにしかできないある方法で自身の誕生日を祝った。(フロントロウ編集部)

 アルバム『24Kマジック』を引っさげたツアーが、ついに11月のホノルル公演で終了するブルーノ・マーズ。長かったツアーが終わりを迎えようとしているブルーノは、10月8日に行われたナッシュビル公演で33歳に。多くの人にお祝いしてもらったブルーノは、ある人にもかなり贅を尽くした方法でお祝いしてもらっていた。

画像: ブルーノ・マーズ、セレブならではの超贅沢な方法で誕生日をお祝い

あのグラミー賞シンガーを雇った?

 ブルーノは自身のインスタグラムに、ろうそくに火がついたバースデーケーキを食べる動画をアップ。そこでバースデーソングを歌っているのが、なんとグラミー賞受賞シンガーのエド・シーラン。ブルーノはこの動画のコメント欄に、「バースデーソングを歌ってもらうためにエド・シーランを雇うことができた時、ついにやり遂げたって分かるよね」と書き込んで投稿した。

 実際に動画では、エドはギターを手に「2回もスーパーボウルでパフォーマンスをしたブルーノへ、誕生日おめでとう」とバースデーソングを歌わされている。

 2人は友人なので「雇った」という設定のこの動画はブルーノのジョークと思われるけれど、とはいえ贅沢なバースデーソング。

 ちなみにこの動画の最後には、バースデーソングを歌い終えたエドにブルーノが「もう一回!」と指示して、再び歌わせるというやり取りも。ブルーノらしいユニークな方法で、自身の誕生日をファンにシェアした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.