アメリカの人気アイスクリームチェーン店が本物の「血液」を使った新フレーバーを発表した。(フロントロウ編集部)

 オレゴン州ポートランド発祥でロサンゼルスやサンフランシスコ、シアトルなどにも店舗を構える人気アイスクリームショップのソルト&ストロー(Salt & Straw)がハロウィンシーズンに合わせて不気味な新フレーバーを開発。

 本物の「血」を練り込んだ、その名も「ドラキュラズ・ブラッド・プディング」という新商品を誕生させた。

 「血」と言っても、使用されているのは、人間の血液ではなくブタの血液

 一見普通のチョコレート味のアイスクリームのように見えるこのアイスクリームのレシピには、ソルト&ストローが独自に提携するポートランドの自然派精肉店から仕入れた新鮮なブタの血が練り込まれている。

 「ブラッド・プディング」と呼ばれるソーセージに代表されるブタの血液を使った料理は、欧米では食通が好む伝統的なグルメの1つとして広く愛されている。日本人にとっては馴染みがなく、好き嫌いも大きく分かれる食材ではあるが、ブラッド・プディングは鉄分が豊富で貧血予防に効果的な栄養源として重宝されている。

画像: 血液を材料として加えたソーセージ。イギリスやアメリカでは「ブラッド・プディング」という呼び名で、家畜を無駄なく利用する食品として古くから親しまれている。

血液を材料として加えたソーセージ。イギリスやアメリカでは「ブラッド・プディング」という呼び名で、家畜を無駄なく利用する食品として古くから親しまれている。

 味わいとしては、レバーに近いと言われているブラッド・プディング。果たしてクリーミーなアイスクリームとの相性はいかに? (フロントロウ編集部) 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.