ラッパーのカーディ・Bが愛娘のカルチャーちゃんの出産した時のことを振り返り、「娘にアソコをやられた」と冗談交じりに語った。(フロントロウ編集部)

“産んで初めてわかったこと”を明かす

 今年7月に、夫でラップグループ「ミーゴス」のオフセットとのあいだに第1子となるカルチャーちゃんを出産したカーディ・Bが、米人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live!(ジミー・キンメル・ライブ!)』にゲスト出演し、“子供を産んで初めてわかったこと”について明かした。

 「(出産の際)娘にアソコをやられたわ。どうして出産前に、誰も何も教えてくれなかったのかしら?アソコを縫わなきゃいけないなんて、まったくの初耳よ。『ものすごく痛い』というのは聞かされてたけど、そのことについては誰も先に教えてくれなかったわ」

画像: “産んで初めてわかったこと”を明かす

 カーディの出産時の詳しい状況はわからないが、「会陰切開(※)」と呼ばれる処置をお産の際におこなった場合、縫合が必要になるといい、カーディのように初産の妊婦にこの処置が施されることが多いという。
出産・分娩時に会陰裂傷を予防するために会陰部(膣口と肛門の間部分)を切開して赤ちゃんの出口を広げる処置。

 怖いもの知らずのカーディも、さすがに自分のアソコに起きた想定外のハプニングに驚いてしまったよう。

 ちなみに、カルチャーちゃんはカーディも思わず黙ってしまうほど威勢がいいそうで、「妊娠中に夫から『娘に遺伝するから、叫んだり、すぐムッとするのはやめたほうがいい』と諭されたけど、結果的に娘は私に似ちゃったみたい(笑)」と明かし、観客の笑いを誘った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.