7月に薬物過剰摂取により生死の境をさまよったシンガーのデミ・ロヴァートの現状をデミの母親が明かした。

デミの治療「90日」を報告

 元ディズニー・スターのデミ・ロヴァートが、意識不明で病院に搬送されたのが7月下旬。薬物の過剰摂取によって命を落としかねない状況にまで陥ったデミは、退院後は薬物中毒を治療するため、そのままリハビリ施設に入った

画像: デミの治療「90日」を報告

 現在も施設で治療を続けているデミの状態について、母親であるダイアナ・デラ・ガーザが明かした。

 ダイアナは、「彼女は90日を突破した」と、デミが薬を断ってから90日が経過したことを報告するとともに、「ありがたいことと誇りの気持ちでいっぱいです。薬物中毒は病気であり、(治療には)労力が必要。すごく大変。近道があるような簡単なことではない」と、つらい治療を続けるデミを想う気持ちを告白。

 今も治療を続けているというデミは、事故以降、薬を経っており、更生に向けて日々治療に励んでいるという。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.