本物の虫の死骸を使ったメイクが不気味ながら芸術的。(フロントロウ編集部)

 米カリフォルニアを拠点に活動しているメイクアップ・アーティストのジャスミン・アウマダが得意とするのは、「虫の死骸」を取り入れたアートメイク。

 2017年以降、インスタグラムを通じ、蝶や蜂、セミ、蟻、クワガタ、ミミズ、果ては毒グモのタランチュラなどを取り入れた、ほかの人にはマネできないようなメイクを続々と発表して話題となっている。

 思わず目を背けたくなるものの、出来栄えは芸術の域に達しているジャスミンの「虫メイク」コレクションを紹介。


ミツバチ


オオカバマダラ


バッタ


イトトンボ


クワガタ


ミールワーム

飼育動物の生餌とするために飼育・増殖されているゴミムシダマシ科の甲虫の幼虫


タランチュラ


ヤスデ

 メイクに使用されている虫の死骸は、ジャスミン自らが近所の公園などで拾ってきたものや、ネット上の専門店で正規に購入したもの、さらにファンから「これを使って」と送られてきた物などだという。

 ジャスミンのインスタグラムでは、ここでは紹介しきれないほどの虫メイク作品が公開。さらに彼女のYoutubeチャンネルでは、「虫メイク」の制作工程を収めたチュートリアル動画も公開されているので、興味と勇気がある人は覗いてみては。 (フロントロウ編集部)

 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.