まだ20代だからエイジングケアなんてまだ必要ない、あまりピンとこない、と思っている人も少なくないのでは? でも実際には、20代のうちに肌のターンオーバーの速度が28 %も落ち、コラーゲンの生成も減少するなど、肌の老化は始まっており、早めのエイジングケアが大切。(フロントロウ編集部)

 ただ、ひとことで「エイジングケア」と言っても、30代とは違うケアが必要だと話すのは、スキンケアブランドSkinLabの人気エステティシャン、ジョシュア・ロス。ジョシュアが20代のエイジングケアで欠かせないものとして挙げたのが、日焼けケア。

画像1: 20代からはじめるエイジングケア、美肌のプロが指摘するケアは?

 ジョシュアは「みんな知っていると思うけど、老化の1番の原因は日焼け。20代の時から予防しておくことがとっても大事なんだ」と英メディアByrdieにコメント。

 紫外線の影響が肌に出てくるのは30代からなので、20代のうちはその効果に気づきにくいけれど、肌への影響が表面化する前に予防しておくことで、これからの肌の悩みも大きく変わってくる。そのためには、20代から日焼けや紫外線の影響を理解して、毎日欠かさず日焼け止めを塗り、紫外線のダメージから肌を守ることがとても大切だと話した。

画像2: 20代からはじめるエイジングケア、美肌のプロが指摘するケアは?

 また、アメリカのスキンケアブランドDERMAdoctorの創設者で皮膚科医のオードリー・クニンは、「コラーゲンの生成をサポートするペプチド配合のコスメは、早い段階のエイジングケアにピッタリ」と推薦。ペプチドとビタミンCが両方配合された保湿クリームなら、ひとつで完璧なエイジングケアができるそう。

 また、20代からはターンオーバーの速度が落ちるため、こまめにスクラブなどで角質ケアを行うことも大切だと語るオードリー。角質ケアをすることで肌をフレッシュに保つことができ、透明感のある美肌が作れるという。

画像3: 20代からはじめるエイジングケア、美肌のプロが指摘するケアは?

 20代には20代に合ったエイジングケアを行うことで、その先30代、40代とますます若くいられるという。まだピンと来なくても、将来のための投資だと思って、早めの対策をはじめてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.