女優のアンジェリーナ・ジョリーが、長男のマドックス君を連れて韓国のソウル市内にある大学を“見学”していたことがわかった。(フロントロウ編集部)

息子の進路を一緒に模索

 2016年に離婚を申請した俳優のブラッド・ピットと、現地時間12月4日から始まる裁判で6人の子供たちの「親権」をめぐって争う予定アンジェリーナ・ジョリーが、つい最近、長男のマドックス君を連れて韓国を訪れていたことを米Peopleが報じている。

 同メディアによると、11月の頭に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使として韓国を訪れたアンジェリーナは、今回の韓国出張に同伴した長男のマドックス君と次男のパックス君を連れて、ソウル市内にあるいくつかの有名大学を見学したという。

 韓国語を勉強していて、いずれ韓国で勉強することに興味を持っているというマドックス君。そんな彼は現在17歳で、大学進学など今後の進路について考えなければならない重要な時期に差し掛かっている。

画像: 息子の進路を一緒に模索

 しかも、マドックス君は1番上の子ということもあり、アンジェリーナにとって子供の将来を左右する「大学選び」は初めてのこと。 

 マドックス君が韓国の大学に進学するかどうかはまだわからないが、息子の将来を真剣に考え、二人三脚で進路を模索しているよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.