『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再タッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』が2019年2月8日(金)に公開。予告編が到着した。(フロントロウ編集部)

『ファースト・マン』予告編が公開

 アポロ11号が月面着陸するに至るまでの壮絶な物語を描く映画『ファースト・マン』の日本版予告編が解禁された。

画像: 『ファースト・マン』予告編が公開

 ライアン・ゴズリング演じるニール・アームストロングが、NASAのプロジェクトチームから指令されたミッションは、月へ飛び立つというもの。

 これまでに何人もの犠牲者を出した訓練で、人類史上最も危険なミッションに挑んだニールが、無事に帰ってくることも命の保証もないまま、家族を残して宇宙に行く。

画像: 『ファースト・マン』本予告映像 www.youtube.com

『ファースト・マン』本予告映像

www.youtube.com

 「当時の月面着陸計画は無謀でとにかく驚いた。彼らは何度も失敗を繰り返し、多大な犠牲を払っていたんだ。何が彼らを暗黒の宇宙へと駆り立て、彼らがどんな体験をしたのか、その時の鼓動や呼吸までをも完全に理解したいと思いながらこの映画を作った」と熱い想いを明かすのは、デイミアン・チャゼル監督。

 『ラ・ラ・ランド』でタッグを組んだデイミアン監督とライアン。再タッグとなる最新作では、また新たな世界観で観客を魅了する。

 人類の夢であり、未来を切り開いた月面着陸計画、史上最も危険なミッションを成功に導いたアポロ11号船長アームストロングの視点を壮大なスケールで描く映画『ファースト・マン』は、2019年2月8日(金)に日本公開される。

『ファースト・マン』
監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング、クレア・フォイほか
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17) 
配給宣伝:東宝東和

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.