モデルのエミリー・ラタコウスキーが、自身でプロデュースするスイムウェアブランド「イナモラータ・スイム(Inamorata Swim)」の新作ビキニを着た結果、面積が少なすぎて胸ポロ!?(フロントロウ編集部)

自分でプロデュースした水着を宣伝

 現地時間11月14日にオーストラリアで開催される、豪GQ主催のイベント「メン・オブ・ザ・イヤー」に出席するためシドニーに滞在しているエミリー・ラタコウスキーが、つかの間のオフにビーチで披露した水着姿が「さすが!」「完ぺきする」とファンのあいだで話題になっている。

画像1: 自分でプロデュースした水着を宣伝

 その抜群のプロポーションから“神ボディ”と称されるエミリーは、2017年11月に念願だったスイムウェアブランド「イナモラータ・スイム(Inamorata Swim)」をローンチ。じつは上の写真でエミリーが着ていた、黒のセクシーなビキニは同ブランドの新作だった。

 この日、友人女性と一緒にビーチでリラックスしたひと時を過ごしたエミリー。水着の面積がずいぶんと少ないようだけど大丈夫かと心配していたら…。

画像2: 自分でプロデュースした水着を宣伝

 案の定、ふと気を抜いた瞬間に乳首をポロリ。

画像3: 自分でプロデュースした水着を宣伝

 ただし、露出の多い服装をすることが多いエミリーにとって、「ポロリ」はもはや日常茶飯事。本人も大して気にしていないようで、すぐに水着の位置を直すと何事もなかったかのように友人との会話に戻った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.