コリン・ファース主演の新作映画『喜望峰の風に乗せて(原題:The Mercy)』が、2019年1月11日に日本公開されることが発表された。

 『英国王のスピーチ』をはじめ、『マンマ・ミーア』シリーズなどに出演しているコリン・ファースと、『博士と彼女のセオリー』の監督、ジェームズ・マーシュがタッグを組んだ、新ノンフィクション映画『喜望峰の風に乗せて』。

 アカデミー賞主演男優賞を受賞したコリンと、アカデミー賞作品賞でノミネートされた経験のあるジェームズが手を組んだ作品として、公開前から高い期待がかかっていた。

 そんな『喜望峰の風に乗せて』が、今回2019年1月11日(金)に日本全国で公開されることが決定。

 実話をもとにしたこの作品は、1960年代のイギリスが舞台。ドナルドというビジネスマンが、アマチュアの船乗りながらも「一度も船を止めずに、誰の力も借りずに、世界一周する」という史上初の試みを決意する。愛する妻や子ども、そして仕事を残してまで、広大な海を相手に孤独な挑戦を続ける1人の男の冒険物語を描く。

 主演のコリン・ファース以外にも、映画『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・シューリスや、レイチェル・ワイズなどが出演する。

 日本語版予告編はコチラ。

画像: コリン・ファース主演『喜望峰の風に乗せて』 特報30秒 2019年1月11日(金)公開 youtu.be

コリン・ファース主演『喜望峰の風に乗せて』 特報30秒 2019年1月11日(金)公開

youtu.be

 (フロントロウ編集部) 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.