米ディズニー・ワールドで、ある「禁止行為」をした男性が園内から追放されていたことがわかった。(フロントロウ編集部)

アトラクションの中で「禁止行為」

 先日、米フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールドで、過去に再三注意されたにもかかわらずある「禁止行為」を再びおこなった男性が、ディズニー・ワールドやディズニーランドを含む、すべてのディズニー関連施設への出入りを禁止された。

画像: アトラクションの中で「禁止行為」

 “夢の国”を追放されるなんて、一体何をやらかしてしまったのだろうか?その理由は男性が園内で「掲げたもの」にあった。

画像: www.facebook.com
www.facebook.com

 今回、ディズニー・ワールドを追放された男性は、2020年に行われる米大統領選でのドナルド・トランプ現米大統領の再選を応援するバナーを、人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」に乗っている最中に掲げたことが問題視され、結果的に夢の国から締め出された。

 じつはディズニーは、ディズニーランド等のリゾート施設の敷地内で、「デモや演説をおこなったり、宣伝目的でプラカードやバナーを掲げたりすることを一切禁止」しており、男性はこの規定に触れる行為を過去に何度も繰り返していたことから、「即追放」の罰を受けることに。

 この男性が"トランプ大統領を支持しているから"という政治的な理由ではなく、「政治的な理由でバナーを掲げたこと」がNGだったよう。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.