人気シンガーのジェニファー・ロペスが、DJキャレドと一緒にMVを撮影。その時の衣装が話題になっている。(フロントロウ編集部)

 米ファッション誌Instyleの表紙で、素肌にグリーンのスパンコールのマントをまとい、奇跡のアラフィフ姿を見せたシンガーのジェニファー・ロペス。またしても今回、ジェニファーが一般のアラフィフでは真似できないスタイルを披露。それは、クロップト丈のTシャツにハイレグ下着が半分見えているパンツをあわせた「腰パンスタイル」。

画像1: ジェニファー・ロペス、ハイレグ下着が半分のぞくパンツが斬新すぎる

 このパンツはロンドンを拠点に活動するNatasha Zinkoというファッションブランドが、2018年に秋冬コレクションとして発表したパンツ。今回ジェニファーが履いているアイテムは、パンツから下着がのぞいているようなデザインになっており、かなりローライズで前から見ても後ろから見ても完全に腰パンしているように見える。

画像2: ジェニファー・ロペス、ハイレグ下着が半分のぞくパンツが斬新すぎる
画像: ジェニファーの後ろにいるスタッフも思わず凝視。

ジェニファーの後ろにいるスタッフも思わず凝視。

 このパンツにあえてクロップト丈のTシャツを合わせて腹筋を見せるのは、さすが奇跡のアラフィフ。この衣装はDJキャレドとの楽曲のMV撮影で履いていたものなので、MVの仕上がりも気になるところ。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.