主張するカラーで楽しむリップメイクは、今やビッグトレンド。多くの女性がカラーを楽しむなか、仕上がりをキレイに長持ちさせたいと思っている人も多いのでは? そんな悩みを解決する方法を、セレブ御用達のプロが教えます!(フロントロウ編集部)

 リアーナエマ・ワトソンなどを手がける人気メイクアップアーティストのリサ・エルドリッジは、美しくリップを色持ちさせるコツについて、「しっかり保湿された唇には、リップスティックがするっと塗れて長持ちするし、絶対に見た目もいいの」と英メディアGlamourにコメント。

画像1: カギはタイミング!プロが実践するリップの仕上がりを持続させるテク

 でも特別なケアが必要なわけではなく、使うのはリップバーム。リップスティックを塗る前にリップバームを塗る人は多いと思うけれど、効果的なタイミングは直前ではなく、ちゃんと唇に浸透する時間を置いて行うことが大切だという。

画像2: カギはタイミング!プロが実践するリップの仕上がりを持続させるテク

 まずはリップバームなどの保湿剤を唇に塗ってから、ほかの部分のメイクやメイク直しを行ない、保湿成分が浸透するのを待つのがポイント。いつもの手順を少し変えるだけで、美リップが作れるのはグッドニュース。

 また、唇が乾燥しがちな時には、リップバームをつけた綿棒で唇の剥けた角質を優しく取り除くこともアドバイスした。

画像3: カギはタイミング!プロが実践するリップの仕上がりを持続させるテク

セレブのような“パーフェクト”リップにするには?

 さらにリサは、セレブのようにリップを仕上げる方法も伝授。最初にリップブラシを使って唇全体にリップカラーを伸ばし、その次にリップペンシルで唇の形を整える。リップペンシルは、リップカラーとしっかりブレンドすることがポイント。

 そして、もう一度リップスティックを重ねていくことで、サテンのような滑らかさが生まれ、シャープで完璧なリップに仕上がるという。

画像1: セレブのような“パーフェクト”リップにするには?

 また、ふちをボカした旬リップを作りたい場合は、リップスティックをそのまま唇にあてて全体を軽く塗るのがコツ。2度塗りは軽く叩くように行い、唇のふちのラインはリップスティックの先でポンポンと叩きながら色を乗せていくと、ふんわりとした唇の形を作れるという。

画像2: セレブのような“パーフェクト”リップにするには?

 自然で滑らかなリップを作る方法については、薬指の先にリップスティックをつけて、軽く唇を叩くように塗っていくことで自然な仕上がりになると話したリサ。「カラーがしっかり唇に定着するまで、指を使って何度も何度も塗っていくことが大事よ」と語った。

 リップの保湿にはじまり仕上げ方まで、遊び方に幅のあるリップメイク。サラのリップテクニックで、視線を集める旬リップを楽しんで。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.