11月21日に上海で行われるはずだった、人気ファッションブランドのDolce & Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)のファッションショーが急遽中止となった。(フロントロウ編集部)

 セレブ御用達ブランドと知られるDolce & Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)が、ピンチを迎えている。

 ことの発端となったのは、Dolce & GabbanaがSNSにアップした3つの動画。この動画には、アジア人モデルがピザやパスタ、カンノーロを箸で食べる姿が映し出されており、その時点で中国を侮辱しているや差別しているなどの声が上がっていた。この動画がプチ炎上するなか、中国ではこの映像が見れなくなることに。

 そんななか、ある女性が自分のインスタのストーリーにこの動画についてアップすると、Dolce& Gabbanaのデザイナーであるステファノ・ガッバーナからDMで返信が。

 それから2人はメッセージを送り合っており、その中で動画の差別的行動について議論。そして女性がメッセージを終わらせようとすると、ステファノが「これからは世界的なインタビューを受けるときには、中国はクソだと言うよ」や「無知で汚くて臭う中国マフィア」「ハハハハ僕がこのポストを恐れると君は思うか?」など中国を侮辱する発言を連発。

 そしてこの一連の流れを女性がSNSにアップすると、一気に拡散。

 この炎上を受けてショーに招待されていた中国人インフルエンサーや中国の芸能人たちがこぞってショーに行かないことを表明。なかには今後Dolce & Gabbanaの商品を購入しないという芸能人も現れ、さらには中国人モデルたちもショーをボイコットしてショーの中止をせざるを得なくなった。

 一方のステファノは、この一連のメッセージのスクリーンショットの上から「これは僕ではない」と書いて、自身のインスタグラムに写真をアップ。その写真には「私のインスタグラムのアカウントはハッキングされていました。私の弁護士はこれについて動いています。私はは中国が好きだし、中国のカルチャーが好きです。こんなことが起こってしまって申し訳ありません」というコメントが添えられていた。 

 今回の騒動の影響は大きく、現在中国の一部のECサイトでは、Dolce & Gabbanaの商品が削除されたり、SNS上ではDolce & Gabbanaの不買運動をはじめ、Dolce & Gabbanaの靴を燃やしたり服でトイレ掃除をしてゴミ箱に捨てたりしている投稿が続出。そして現在、北京の店舗の前では厳重な警備が行われている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.