ルビー・ローズがDCコミックスのキャラクターであるバットウーマンを演じる、テレビドラマのクロスオーバー特別エピソードが12月9日から放送される。(フロントロウ編集部)

DCコミックスドラマのクロスオーバー

 DCコミックスによる人気ドラマ『ARROW/アロー』と『THE FLASH/フラッシュ』、『SUPERGIRL/スーパーガール』がクロスオーバーする3話の特別エピソードで、ついにドラマに参戦するバットウーマン役のルビー・ローズ。

画像: DCコミックスドラマのクロスオーバー

 レズビアンのヒーローとして登場するバットウーマンの映像が、「エルスワールド(Elseworlds)」という特別エピソードのティーザーでお披露目された。

 ビルの屋上に堂々と立ち、地上に降り立ったバットウーマン。それを目撃したアロー(オリバー・クイーン)が「バットマン…じゃない」と声をもらす。

Arrow on Instagram: “Welcome to Gotham. #Elseworlds, the 3-night crossover event, begins Sunday, December 9 on The CW.”

www.instagram.com

 このティーザーで、はじめてルビー演じるバットウーマンの動く姿が映された。

 「エルスワールド」では、バットウーマン、アロー、フラッシュ、スーパーウーマンなどのヒーローが一同に集結。バットマンで描かれたお馴染みの都市ゴッサム・シティも登場するという。

 そんなヒーローたちがどんな物語を展開していくのか、その答えは現地時間12月9日からジョジョに明らかになっていく。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.