ケイティ・ペリーが交際中の恋人のオーランド・ブルームと「デートできる権利」をチャリティオークションに出品。オーランドとの“夢のようなデート”を競り落とした意外な人物って? (フロントロウ編集部)

 カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で発生した大規模山火事の被災者たちを支援する目的で、現地時間の12月2日に開催されたチャリティイベント「ワン・ラブ・マリブ(One Love Malibu)」のステージにシンガーのケイティ・ペリーが登場。

 支援金を募るチャリティオークションに、交際中の恋人で映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の俳優のオーランド・ブルームと45分にわたってバイクデートを楽しめる権利を出品した。

画像: 日中のチャリティコンサートではヒット曲などをパフォーマンスしたケイティ。

日中のチャリティコンサートではヒット曲などをパフォーマンスしたケイティ。

 マイクを握り締めたケイティは、ハリウッドきってのバイク好き俳優であるオーランドとのデートについて、「オーランドのバイクの後ろに乗れるっていうことは、彼のカラダにしがみつけるってことなのよ。私にとっては好ましくない方法でね! 彼の鍛え抜かれた胸襟や腹筋にだって触り放題! 」とジョークを交えて宣伝。

 「あのオーランド・ブルームに45分間もしがみつくことができて、しかもあのブラウンの瞳をじっと見つめることがでるなんて…! 」と参加者たちを煽ったケイティは、2万ドル(約230万円)から競りをスタートした。

 客席から「2万2千ドル! 」、「2万5千ドル! 」と入札の声が上がるなか、しばらくは「ほかには?」、「もっと高値で買いたい人! 」と威勢よく合いの手を入れていたケイティだが、途中で、やっぱりオーランドとはほかの女性とデートに出かけて欲しくないと思い直したのか、なんと自ら入札。

 「ごめんなさい…私が5万ドル(約570万円)で買い取るわ」とそれまで挙がっていた入札価格の倍の額で権利を競り落とし、そのままマイクを置いてスタスタとステージを後にしてしまった。

 その一部始終を収めた動画がコチラ。

 自ら出品に加担しておきながら、結局、恋人とのデート権を自分で買い取ってしまったケイティ。オークションの参加者たちは、思わぬ展開に拍子抜けしてしまった様子だったが、乙女心を露わにしたケイティの素直さと、莫大な額の金額が被災者たちに寄付されることになったため、文句は上がらなかった。

 ちなみにオーランドは、山火事の影響によりマリブ地区にある自宅からの避難を余儀なくされており、火災が同地区を襲った11月9日、炎に包まれる自宅前の写真をインスタグラムで公開。消火活動にあたった消防士たちに感謝と激励の言葉をかけていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.