ブレイク・ライヴリーが、平野ノラも愛用するあのアイテムによく似たクラッチバッグを片手に、セレブが集う有名ブランドのファッションショーに登場。(フロントロウ編集部)

 スタイリストを雇わず、コーディネートのすべてを自分自身で決めているレアなファッショニスタセレブとして知られている女優のブレイク・ライヴリー

 普段から、どこかひと捻りある、ウィットの効いたオシャレに定評がある彼女が、意外なアイテムを取り入れて話題になっている。

 ニューヨークで開催されたVersace(ヴェルサーチェ)の2019年プレフォールコレクションに参加したブレイクの手元には、1980年代に登場した初代携帯電話を彷彿とさせるクラッチバッグが。

画像1: ブレイク・ライヴリー、「OK!バブリー」な平野ノラ風小物をモノにする
画像2: ブレイク・ライヴリー、「OK!バブリー」な平野ノラ風小物をモノにする
画像3: ブレイク・ライヴリー、「OK!バブリー」な平野ノラ風小物をモノにする

 バブル時代の“あるあるネタ”でブレイクした、日本人芸人の平野ノラが小道具として使用しているショルダーフォンのように、肩掛けのタイプではないが、似通った形状とゴツめなシルエットがバブルの雰囲気を醸し出している。

 しかも、この日のブレイクの髪型は、奇しくも、ワンレン、ソバージュの斜め分けという平野ノラの髪型にソックリな80年代風のディープサイドパート・アレンジに。今にも「OK!バブリー」というあのフレーズが飛び出しそうなほど、バブル感満載のコーディネートだった。

画像4: ブレイク・ライヴリー、「OK!バブリー」な平野ノラ風小物をモノにする
画像: ジャケットを脱ぐとこんな感じ。背中が大きく開いたセクシーなシルバーのドレスには、腰元にバタフライのモチーフが。

ジャケットを脱ぐとこんな感じ。背中が大きく開いたセクシーなシルバーのドレスには、腰元にバタフライのモチーフが。

 ブレイクが愛用する、スワロフスキークリスタルがびっしりと配された、この初代携帯電話型クラッチバッグは、彼女のお気に入りブランドであるJudith Leiber(ジュディス・リーバー)のもの。

 販売価格は5,695ドル(約65万円)と、お値段も強気なバブリー設定となっている。

画像: チェーンストラップがついており、肩掛けすることもできる。背面には「CALL ME(電話して)」の文字が。 www.neimanmarcus.com

チェーンストラップがついており、肩掛けすることもできる。背面には「CALL
ME(電話して)」の文字が。

www.neimanmarcus.com

 同ファッションショーには、先日お忍び来日したばかりのリアリティスターのキム・カーダシアン&ラッパーのカニエ・ウェスト夫妻や、ドラマ『ウォーキング・デッド』の俳優ノーマン・リーダスとその恋人で女優のダイアン・クルーガー、映画『キル・ビル』の女優ユマ・サーマン、シンガーの故マイケル・ジャクソンの娘で女優やモデルとして活躍するパリス・ジャクソン、映画『ブラック・パンサー』の女優ルピタ・ニョンゴらが豪華ゲストが出席し、ヴェルサーチェのアイテムを使った思い思いの80年代~90年代風ファッションを披露。

画像: カニエ・ウェスト&キム・カーダシアン

カニエ・ウェスト&キム・カーダシアン

画像: ノーマン・リーダス&ダイアン・クルーガー

ノーマン・リーダス&ダイアン・クルーガー

画像: 左から:ユマ・サーマン、パリス・ジャクソン、ルピタ・ニョンゴ

左から:ユマ・サーマン、パリス・ジャクソン、ルピタ・ニョンゴ

 さらに、ランウェイには、ジジ・ハディッドやヘイリー・ボールドウィン、キャンディス・スワンポール、エミリー・ラタコウスキー、カイア・ガーバー、イリーナ・シェイクといった人気モデルたちが勢ぞろいした。

画像: 左から:ジジ・ハディッド、ヘイリー・ボールドウィン、キャンディス・スワンポール

左から:ジジ・ハディッド、ヘイリー・ボールドウィン、キャンディス・スワンポール

画像: 左から:エミリー・ラタコウスキー、カイア・ガーバー、イリーナ・シェイク

左から:エミリー・ラタコウスキー、カイア・ガーバー、イリーナ・シェイク

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.