人気女優たちが出演する映画『チャーリーズ・エンジェル』の撮影が無事終了し、監督を務めるエリザベス・バンクスが、エンジェルたちの貴重な写真をアップした。(フロントロウ編集部)

 2000年に公開された映画『チャーリーズ・エンジェル』のリブート版として2019年に公開される『チャーリーズ・エンジェル』の撮影が終了。それに伴い監督とエンジェルたちをサポートするボスレー役を演じたエリザベス・バンクスが、自身のインスタグラムで主演3人のレアな写真を公開。

 エリザベスはエンジェル3人が写った写真に「撮影が終了したわ。たくさんの愛と感謝をエンジェルたちに」とコメントし、クランクアップしたことを報告した。

 じつは公式にはエンジェルたちが3人で写っている写真はまだアップされておらず、主演3人と監督が写っている写真はかなり貴重。

 今回のリブート版では、クリステン・スチュワートナオミ・スコット、エラ・バリンズカが主演を務め、新生『チャーリーズ・エンジェル』にぴったりな、フレッシュな顔ぶりが勢ぞろい。

画像: 『チャーリーズ・エンジェル』の撮影が終了!監督がレア写真を公開

 ちなみに映画『チャーリーズ・エンジェル』は、アメリカで2019年11月1日に公開されることが決まっているが、日本は今のところ公開日は未定となっている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.