全世界で延べ8億人が熱狂した大人気ゲームキャラクターの『ソニック』が、『ソニック・ザ・ムービー(Sonic The Hedgehog)』としてハリウッド実写映画化される。(フロントロウ編集部)

映画『ソニック・ザ・ムービー』

 1991年に華々しい日本デビューを飾り、瞬く間に世界のゲームファンの心をつかんだゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」。

 今もなお愛され続けるゲームに欠かせない、目にも止まらぬスピードでゲームステージを駆け抜ける青いハリネズミのソニックがハリウッドで実写映画に。

 映画『ソニック・ザ・ムービー』として、待望のポスタービジュアルが解禁された。

画像1: 映画『ソニック・ザ・ムービー』

 注目すべき本作は、宇宙最速で走るパワーを授かった青いハリネズミのソニックが、警官のトムとバディを組み、宿敵マッドサイエンティストのドクター・エッグマンの陰謀に立ち向かうという、ゲームのエッセンスを受け継いだアクション満載の冒険のストーリー。

 CGによって生まれ変わったソニックと、バディを組むことになる警官役には『X-MEN』シリーズのサイクロプス役で大ブレイクしたジェームズ・マースデン。

 そして、毎回ゲームでソニックを追い詰める狂気のドクター・エッグマン役を演じるのは、なんとジム・キャリー。

画像2: 映画『ソニック・ザ・ムービー』

 1度見たら忘れないかなり特徴的なエッグマンの風貌を、これまで『グリンチ』や『マスク』で見事な変装を見せてきたジムがどう再現するのか期待が高まっている。

 そんな同作は、制作陣も充実。プロデュースには、『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツと『デッドプール』のティム・ミラーが。

 そして監督は、2004年に「Gopher Broke(原題)」がアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされたジェフ・フォウラーが大抜擢された。

 新たに生きを吹き込まれたキャラクターたちによる映画『ソニック・ザ・ムービー』は、2019年11月に全米公開予定。日本公開時期は近日発表予定。

画像3: 映画『ソニック・ザ・ムービー』

『ソニック・ザ・ムービー』
監督:ジェフ・フォウラー
キャスト:ジェームズ・マースデン、ジム・キャリーほか
配給:東和ピクチャーズ
©2018 Paramount Pictures Corporation and Sega of America, Inc. All Rights Reserved.

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.