サブリナ・カーペンターの3rdアルバム『シンギュラー・アクト 1』の国内盤が発売され、サブリナが日本のファンへのミニメッセージでリリースをお祝いした。(フロントロウ 編集部)

 ディズニー・チャンネル・スターからシンガーへと転身し、2018年には米音楽誌Billboardが選ぶ“21歳以下の21人”にランクインしたサブリナ・カーペンター

 そんなサブリナが、自身3枚目のアルバム『シンギュラー・アクト 1』の国内盤を本日リリース。2018年2月に初の単独来日公演を行なったサブリナは、新作リリースにあたり、「日本のみんなダイスキ!この前の来日からあっという間だった、というくらい超すぐに戻るからね。みんなと一緒に新曲を歌って楽しむのが待ちきれない」とコメントした。

 アルバムには、MVにジョーイ・キングが出演して話題になった最新シングル「スー・ミー」や、スターゲイトのプロデュース曲「オールモスト・ラヴ」等のヒット・シングルに加え、人気DJプロデューサーのジョナス・ブルーとのコラボで制作され、愛する人との微妙な心のすれ違いと孤独感を歌ったラブソング「エイリアン」などの5曲が日本盤ボーナス・トラックとして追加収録されている。

画像: アルバム『シンギュラー・アクト 1』

アルバム『シンギュラー・アクト 1』

<リリース情報>
アルバム『シンギュラー・アクト 1』
発売中
¥2,376 (税込)/UICH-1010

(フロントロウ 編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.