ディズニーの実写版映画『アラジン』のファーストルックが公開! しかし、あの名物キャラの見た目がアニメ版と微妙に違うと一部のファンが困惑…。(フロントロウ編集部)

 日本公開日が2019年6月7日に決定した実写版『アラジン』のファーストルックが米Entertainment
Weeklyを通じて公開された。

 映画の世界観が初お披露目された貴重なショットの数々では、主人公のアラジンを演じるメナ・マスードやヒロインのジャスミンを演じるナオミ・スコット、悪役ジャファーを演じるマーワン・ケンザリ、そして魔法のランプの精ジーニーを演じるウィル・スミスらが役になりきる様子がバッチリと収められている。

画像: メナ演じるアラジンとウィル演じるジーニー。©Entertaiment Weekly/Instagram

メナ演じるアラジンとウィル演じるジーニー。©Entertaiment Weekly/Instagram

画像: ナオミ演じるジャスミン(右)©Entertaiment Weekly/Instagram

ナオミ演じるジャスミン(右)©Entertaiment Weekly/Instagram

画像1: ©Entertaiment Weekly/Instagram

©Entertaiment Weekly/Instagram

画像: マーワン演じるジャファー。©Entertaiment Weekly/Instagram

マーワン演じるジャファー。©Entertaiment Weekly/Instagram

画像: 猿のアブーはCGIで再現。©Entertaiment Weekly/Instagram

猿のアブーはCGIで再現。©Entertaiment Weekly/Instagram

画像2: ©Entertaiment Weekly/Instagram

©Entertaiment Weekly/Instagram

 アニメ版『アラジン』の心躍るファンタジーの世界を見事に再現しているように見えるファーストルック写真の数々だが、1つだけ世間の人々を困惑させたポイントが。

 もうお気づきの人もいると思うが、それは、ウィル演じるジーニーの肌の色

 アニメ版のジーニーといえば、少し紫がかったブルーの肌でお馴染みなのだが、ファーストルックとして公開された写真内のウィル演じるジーニーは、ウィルの褐色の肌をそのまま活かした“人間寄り”の仕上がりに。妖精だと言われなければ、普通の人間と変わらない姿となっている。

画像: 実写版『アラジン』の1stルックが公開!あのキャラの見た目がアニメ版と違いすぎる?

 髪型やアゴ髭などは、アニメ版のジーニーの特徴をしっかりととらえているものの、ファーストルックを目にしたファンたちの多くは、「なぜ肌色まで再現しなかったのか?」、「やっぱりブルーの肌色は譲れない」と困惑。

 そんな不安の声に応えて、ウィル本人がフェイスブックへの投稿を通じてジーニーの肌色について弁解した。

「大丈夫、俺が演じるジーニーもちゃんとブルーだよ! (ファーストルックで公開された)アの姿はジーニーが人間のフリをしている最中の写真なんだ。俺の役は映画を通してほとんどCGI(※)を使って表現されているよ」

※コンピュータグラフィックスを応用した映像・画像作成技術。Computer Generated Imagery(コンピューター・ジェネレイテッド・イマジェリー)の略。

 ウィルの説明通り、本編ではCGI技術を駆使して、ちゃんとブルーの肌の妖精として描かれているというジーニー。どうやらファンたちの心配は少々時期尚早だったよう。

 ウィルは自身が演じたジーニー役について、「これまでのディズニー作品には無かったようなヒップ・ホップのフレーバーを盛り込むことができた。過去のディズニー作品の中でもユニークさが際立つ作品になったんじゃないかな」とEntertainment Weeklyとのインタビューで語っており、見た目だけでなく内容にも期待大! 一体どんな作品となっているのか、来年初夏の日本公開が待ちきれない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.