先日、精神療養施設を退所してから初めて公の場に姿を現したシンガーのセレーナ・ゴメスが、再びカメラの前で元気な姿を見せた。その時にセレーナが着用していた服の胸元に書かれていた“あるメッセージ”とは?(フロントロウ編集部)

セレーナの胸元に注目

 2017年に受けた腎臓移植手術が原因と考えられる健康状態の悪化によって情緒不安定になり、今年10月に精神科病院に入院したシンガーのセレーナ・ゴメス。それから約2ヵ月が経過し、ようやく公の場に元気な姿を見せたセレーナが着用していた服の胸元に、今の彼女の気持ちを代弁するようなメッセージが書かれていたことがわかった。

画像1: セレーナの胸元に注目

 先日、友人らと一緒にロサンゼルス市内を外出しているところを激写されたセレーナが着ていたTシャツの胸元に、何やら長文のメッセージが。

画像2: セレーナの胸元に注目

 「私は私の人生に今起きていること、そしてこれから起こり得ることすべてに感謝しています。誰も私の背中を押してくれなくとも、私は自分の力で頑張り続けます」

画像: www.instagram.com
www.instagram.com

 以前から、たびたび服やアクセサリーを使ってメッセージを発信してきたセレーナだけに、今回も自分自身への教訓、もしくはファンに向けてこのメッセージが書かれた服を選んだ可能性が高い。

 ちなみに、療養施設を退所後、セレーナは家族や仲の良い友人たちに囲まれながら、自分の幸せを最優先した生活を送っていることが伝えられている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.