クリスマスの名作映画『ホーム・アローン』の主人公ケビンが、劇中で好んで見ていたギャング映画に隠された驚きの事実とは?

ケビンがデリバリーに活用したギャング映画の裏話

 映画『ホーム・アローン』でマコーレー・カルキンが演じた主人公ケビンが見ていたギャング映画を覚えているだろうか。

 家にたったひとりで取り残されたケビンが、ピザのデリバリーの受け取りの時に活用して配達員を怖気づかせたあのギャング映画。

画像: Home Alone Pizza Delivery www.youtube.com

Home Alone Pizza Delivery

www.youtube.com

 『Angels With Filthy Souls(汚れた魂の天使)』というタイトルのこの映画は、長い間、実在する白黒映画だと思われていたのだが、じつはこれ、なんと『ホーム・アローン』のためだけに作られた映像だった。

 ケビンが好んで見ていたこのギャング映画は、1939年の映画『汚れた顔の天使(Angels With Dirty Faces)』をパロディにしたフェイク映画。

画像: ケビンがデリバリーに活用したギャング映画の裏話

 このフェイク映像は本編の撮影が始まる前に1日で撮られた映像だといい、タイトルもビデオテープがスクリーンに映るという理由だけで、『Angels With Filthy Souls(汚れた魂の天使)』と決められたと米VanityFairが伝えている。

 たった1分20秒の尺にもかかわらずインパクト抜群の映像は大反響を受け、結果的にこのフェイク映画は『ホーム・アローン2』にも受け継がれ、『Angels With Even Filthier Souls(もっと汚れた魂の天使)』という続編映画として、ケビンがホテルの従業員を怖がらせるために使われた。

画像: Home Alone 2 Angels With Filthy Souls funny Scene www.youtube.com

Home Alone 2 Angels With Filthy Souls funny Scene

www.youtube.com

 そんな事実を知ったセレブも驚きの反応を示している。

 『40歳の童貞男』のセス・ローゲンは、自身のツイッターで「幼少時代は『ホーム・アローン』でケビンが見ていた古い映画が本物かと思っていた」とツイート。

画像: Seth Rogen on Twitter twitter.com

Seth Rogen on Twitter

twitter.com

 これに『アベンジャーズ』のクリス・エヴァンスがセスのツイートに返信する形で「違うの????」と反応。

画像: Chris Evans on Twitter twitter.com

Chris Evans on Twitter

twitter.com

 さらには、『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッドも「同じく」と、『SING/シング』のニック・クロールも「違うの?(まじで)」と、多くのセレブも驚愕の事実に信じられないといった反応を見せている。

画像: Elijah Wood on Twitter twitter.com

Elijah Wood on Twitter

twitter.com
画像: nick kroll on Twitter twitter.com

nick kroll on Twitter

twitter.com

さらに同作でケビンを演じたマコーレーでさえも、このギャング映画がフェイクだったことを知らなかったと答えている。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.