ホリデーシーズンに欠かせないスーパーアカペラグループのペンタトニックスが、2018年もクリスマスアルバム『クリスマス・イズ・ヒア!』をリリースした。(フロントロウ編集部)

クリスマスの新定番

 声だけで世界中を魅了するペンタトニックス。美しいハーモニーとペンタトニックス流のアカペラ編曲で、アカペラグループとして史上初の全米1位を達成し、2015年から3年連続でグラミー賞を受賞した彼ら。

画像: クリスマスの新定番

 そんなペンタトニックスはホリデーシーズンに発表するクリスマスアルバムが恒例となっており、米音楽界ではクリスマスに欠かせない顔。2014年の『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』では全米2位、2016年の『ペンタトニックス・クリスマス』では全米1位を獲得した。

画像1: ペンタトニックスから「極上のクリスマスアルバム」が到着!これが『世界一』のアカペラ編曲
画像2: ペンタトニックスから「極上のクリスマスアルバム」が到着!これが『世界一』のアカペラ編曲

 2018年も11月〜12月にクリスマスツアーを始動させ、全米各地でソールドアウト公演を行なっているクリスマスの新しい顔が、新たなクリスマスアルバム『クリスマス・イズ・ヒア!』をリリースした。

画像: 『クリスマス・イズ・ヒア!』発売中 lnk.to

『クリスマス・イズ・ヒア!』発売中

lnk.to

ペンタトニックスの絶妙アレンジでクリスマスを味わって

 『クリスマス・イズ・ヒア!』では、往年のクリスマスソングをペンタトニックス流に編曲しただけでなく、あのヒット曲をクリスマスソング風にアレンジ!

「メイキング・クリスマス」

ティム・バートン監督作『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の有名な挿入歌をカバー。メンバーが口を揃えて、「かなりの挑戦だった」「数日かかった」とアレンジの複雑さを振り返る同曲では、ハロウィンとクリスマスという2大イベントをマッシュアップ。聖なるクリスマスとホラーなハロウィンのビジュアルを交互に行き来するミュージックビデオも見もの。

画像: [OFFICIAL VIDEO] Making Christmas (from 'The Nightmare Before Christmas') - Pentatonix youtu.be

[OFFICIAL VIDEO] Making Christmas (from 'The Nightmare Before Christmas') - Pentatonix

youtu.be

「スウェター・ウェザー」

クリスマスソングでない曲を「クリスマス・ソングに聞こえるようにアレンジした」というのが、ロックバンド、ザ・ネイバーフッドの曲「スウェター・ウェザー」のカバー。スコットが「オリジナルを僕達の独自の解釈で仕上げたんだ。曲の後半に、ちょっとしたブレイクダウンを入れてね」と満足げにコメントする曲のMVでは、セーター(スウェター)を着たメンバーたちが暖炉の前に集まり冬気分を盛り上げる。

画像: [OFFICIAL VIDEO] Sweater Weather - Pentatonix youtu.be

[OFFICIAL VIDEO] Sweater Weather - Pentatonix

youtu.be

「 ホウェア・アー・ユー・クリスマス? 」

アルバムにはもちろん、ペンタトニックスの極上ハーモニーが響きわたる王道のクリスマスソングもある。スコットがアルバムのお気に入りソングに選別した「ホウェア・アー・ユー・クリスマス?」は、映画『グリンチ』で子役時代のテイラー・モムセンが歌った「クリスマス、ホワイ・キャント・アイ・ファインド・ユー」をロングバージョンにした曲。

画像: [OFFICIAL VIDEO] Where Are You, Christmas? - Pentatonix youtu.be

[OFFICIAL VIDEO] Where Are You, Christmas? - Pentatonix

youtu.be

「グローン・アップ・クリスマス・リスト feat. ケリー・クラークソン」

本作最大のビッグゲストが、シンガーのケリー・クラークソン。ペンタトニックスは2015年にケリーのオープニングアクトとして一緒にツアーを回っていて、今回、スコットがケリーに「一緒にクリスマス・アルバムの曲をやってくれる?」と個人的にメールしてコラボを打診。ナタリー・コールのカバーでコラボが実現したのだが、スコットは、「彼女は『すごく忙しいんだけど、トライするわ』って返事してくれて。信じられないほど多忙なスケジュールの中でスタジオに入る時間を作ってくれた。言葉では言い表せないぐらい感謝しているよ」と感無量の様子。12月には米NBCのクリスマススペシャルで、一緒に曲をパフォーマンスして話題を集めた。

 アルバム『クリスマス・イズ・ヒア!』にはほかにも、「ジングルベル」を超スピーディーに歌ったバーブラ・ストライサンド版のペンタトニックス版や、クリスマスソングではないもののクリスマスの精神を持つため選んだという「ホェン・ユー・ビリーヴ」、歌詞のないクラシックソング「ワルツ・オブ・ザ・フラワーズ(花のワルツ)」のカバーなど、世界No.1アカペラグループだからこそできるカバーがあふれている。

画像3: ペンタトニックスから「極上のクリスマスアルバム」が到着!これが『世界一』のアカペラ編曲

アルバム『クリスマス・イズ・ヒア!』
発売中 
全12曲 SICP-5938/¥2,200+税
【国内盤】 国内盤限定オリジナル・ポスター封入/初回仕様限定ステッカー封入/・歌詞・対訳・ライナーノーツ付
『クリスマス・イズ・ヒア!』試聴・購入はコチラ

【収録曲】
1. ホワット・クリスマス・ミーンズ・トゥ・ミー★往年のクリスマス・ソングのカバー
2. ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー ★ブレンダ・リーのカバー(1958 年)
3. イッツ・ビギニング・トゥ・ルック・ア・ロット・ライク・クリスマス ★ペリー・コモ&ザ・フォンテーン・シスターズ・ウィズ・ミッチェル・アイレス&ヒズ・オーケストラのカバー(1951 年)
4. グローン・アップ・クリスマス・リスト feat. ケリー・クラークソン ★ナタリー・コールのカバー(1990 年)
5. グリーンスリーブス(インタールード) ★英国民謡のカバー(16 世紀後半)
6. スウェター・ウェザー ★ザ・ネイバーフッドのカバー(2012 年)
7. ホウェン・ユー・ビリーヴ feat. マレン・モリス ★ミュージカル・アニメーション映画「プリンス・オブ・エジプト」ED テーマのカバー(1998 年)
8. 花のワルツ ★バレエ組曲「くるみ割り人形」第 8 曲のカバー(19 世紀)
9. サンタクロースがやってくる ★往年のクリスマス・ソングのカバー(1947 年)
10. メイキング・クリスマス ★ミュージカル・アニメーション映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(1993 年)のカバー
11. ホウェア・アー・ユー、クリスマス? ★フェイス・ヒルのカバー(2000 年)
12. ジングルベル ★バーブラ・ストライサンドのカバー(1967 年)

(フロントロウ 編集部)

Sponsored Article

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.