現地時間1月6日に行なわれたゴールデン・グローブ賞の授賞式に参加した、若手俳優ティモシー・シャラメの衣装が話題になっている。(フロントロウ編集部)

 アワードシーズン開幕の1発目ということで、大きな話題を集めたゴールデン・グローブの授賞式には豪華なセレブが勢ぞろい。アワードということで、男性セレブたちはスーツに身を包むことが多いけれど、映画『君の名前で僕を呼んで』に出演し、薬物依存症に苦しむ少年役を演じた映画『ビューティフル・ボーイ』に出演するティモシー・シャラメは個性派な衣装で登場し、レッドカーペットで視線を集めた。その姿はこちら。

画像1: ティモシー・シャラメ、ゴールデン・グローブ賞にスーツではなく○○を着用【ゴールデン・グローブ2019】

 なんとティモシーはブレザーではなく、黒シャツの上からラメで輝く黒のハーネスを着用して登場。このハーネスはヴァージル・アブローが就任してからの新生ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のもので、レッドカーペットでのハーネススタイルはファッション界に新しい風を吹かせた。

画像2: ティモシー・シャラメ、ゴールデン・グローブ賞にスーツではなく○○を着用【ゴールデン・グローブ2019】

 ちなみにハーネスをつけたティモシーがこの日同伴したのは、恋仲がウワサされているジョニー・デップの娘リリー・ローズ・デップではなく、自身の母親。一緒にゴールデン・グローブ賞の授賞式に参加して楽しむ様子を、自身のインスタグラムにアップしている。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.