人気ラッパーのタイラー・ザ・クリエイターが、駆け出し時代にスターバックスコーヒーで働いていたって知っていた?(フロントロウ編集部)

「スタバで働く特権」とは?

 タイラー・ザ・クリエイターが駆け出し時代に、意外にもスターバックスで働いていたことを明かすとともに思い出写真をSNSに公開。

画像1: 「スタバで働く特権」とは?

 従業員のカードとユニフォームを着たタイラーの写真を公開し、2007年から2010年まで、米カリフォルニア州ホーソーンにある店舗で働いていたことを明かした。

画像2: 「スタバで働く特権」とは?
画像3: 「スタバで働く特権」とは?

 そこでタイラーはスタバ時代に、「どんな時も作曲してTシャツをデザインしていた」と語り、ラッパーとしてはグラミー賞にノミネートされるほど評価され、ファッションブランドのGolf Wang(ゴルフ・ワング)のデザイナーとしても成功を収める今の自分の糧になったことを振り返った。

画像4: 「スタバで働く特権」とは?

 また、当時のタイラーは、自身がリーダーとして率いるクリエイティブグループのOFWGKTAのメンバーで友人のジャスパー・ドルフィンに無料で商品をあげるルール違反をしていたことも暴露。

 そんなタイラー、以前トーク番組『ジミー・キンメル・ライヴ(Jimmy Kimmel Live)』に出演した際には、スタバで働く特権として「スタバは楽しかったよ。毎日チーズデニッシュを盗んでいたからね(笑)」と、悪びれることもなく明かしたこともある。

 時効になったとはいえ、タイラーの行為はルール違反なのでくれぐれも真似をしないようご注意を。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.