アメリカ発祥の世界的ファストフードチェーン「マクドナルド」の朝食メニュー、通称“朝マック”にハンバーガーがないのは一体なぜ?じつは、それには売り上げとは関係ない「別の理由」があった!(フロントロウ編集部)

朝にハンバーガーを作れないワケ

 なぜマクドナルドの“朝マック”のメニューのなかに「看板メニュー」のハンバーガーがないのか...そんなことを考えたことはないだろうか?日本と同じく、マクドナルド発祥の地アメリカでも午前10時半にならないとハンバーガーを購入することができないのだが、それにはちゃんとした理由があった。

画像1: 朝にハンバーガーを作れないワケ

 その理由としてまず最初に思いつくのは、「朝からハンバーガーを食べる人があまりいないため売れないから」という、売り上げに関するもの。でもじつは、マクドナルドが朝にハンバーガーを売らない理由は売り上げとはまったく関係ない。

 米Reader's Digestによると、マクドナルドではハンバーガーをはじめとする通常メニューと、エグマックマフィンなどの朝食メニューをどちらも同じ設備や機器を使用して作っている。しかし、すべての食材を同じ温度で調理することはできないうえに、調理できるスペースも限られているため、朝食メニューの食材とハンバーガーのパティを同時に調理することは“ほぼ不可能”なのだとか。

画像2: 朝にハンバーガーを作れないワケ

 米マクドナルド側はReader's Digestのこの主張に否定も肯定もしていないが、2012年にカナダのマクドナルドで、客が「なぜ朝マックにハンバーガーがないのか」を尋ねたところ、「理由は、朝マックを朝だけでなく、1日中販売することができないのと一緒です。単純にパティやベーコン、卵を同時に調理するだけのスペースがないだけです」という、回答が返ってきたことがあったという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.