過去にクイーンの楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」をステージで披露した人気シンガーのピンクが、昔の映像を振り返った。(フロントロウ編集部)

 先日、ゴールデン・グローブ賞で2冠に輝いた、映画『ボヘミアン・ラプソディ』。クイーンの代表的な楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」からタイトルがつけられたこの映画は、日本をはじめ世界中で大ヒットしている。

 映画のタイトルにもなった「ボヘミアン・ラプソディ」は、数多くのアーティストたちにカバーされているが、人気シンガーのピンクもその1人。

 映画を見たピンクのファンが、2009年から行なっていたファンハウスツアーで「ボヘミアン・ラプソディ」をカバーしたのを思い出し、「ベストカバー」としてSNSにその動画を投稿。

 するとこの投稿が拡散され、なんとピンクの元まで届き、本人が反応。思いがけず掘り出された約10年も前のこの映像に、ピンクは大興奮。自身のツイッターで「ロックンロール!!!!超最高!懐かしいわ」と大喜びでシェアした。

 クイーン熱が世界的にヒートアップするなか、「ボヘミアン・ラプソディ」の話題は映画からはるか遠いところまで広がり続けているよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.