現地時間の2月3日に行われるスーパーボウルのハーフタイムショーにトラヴィス・スコットが出演することに、NFLの49ersの元クオーターバックのコリン・キャパニックが眉をひそめている。(フロントロウ編集部)

トラヴィス側の証言は「嘘」?

 元NFL選手のコリン・キャパニックらが、試合前の国歌斉唱中に行なった、人種差別への抗議を示したひざつき問題がきっかけで、ボイコット運動が生まれるなど暗雲が漂う今年のスーパーボウル。

画像1: トラヴィス側の証言は「嘘」?

 名物ハーフタイムショーへの出演を拒むアーティストが続出するなか、トラヴィス・スコットがNPO団体のDream Corpsに50万ドル(約5,400万円)を寄付することを条件に、パフォーマンスすることを発表

画像2: トラヴィス側の証言は「嘘」?

 トラヴィスがスーパーボウルのハーフタイムショーに出演することについては、選手生命をかけたコリンの抗議に反する決断だというネガティブな意見や、勇気ある行動だったと称賛する意見など、様々な意見が寄せられているなか、トラヴィスは出演を決める前にコリンに相談していたことを米Varietyが報じている。

 同誌がトラヴィスの関係者から聞いた情報によると、トラヴィスとコリンは最低でも1回は電話で会話したといい、2人は必ずしもお互いの意見に賛同したわけではないが、トラヴィスがNFLと一緒にNPO団体に寄付することをコリンが好意的に受け取ったことから、お互いの姿勢を尊重し合い、理解したと言われている。

 しかし、この報道に対して、コリンの恋人ネッサ・ディアスがツイッターに「お互いが尊重し合い、コリンの抗議に歯向かう人たちの理解を得たことは全くありません。#嘘をつくな」とツイート。

画像: NESSA on Twitter twitter.com

NESSA on Twitter

twitter.com
画像3: トラヴィス側の証言は「嘘」?

 コリンの友人でラジオパーソナリティのエブロも「コリンはこんなこと承諾していない!やめてくれ」と、米Varietyの報道を真っ向から否定した。

画像: El Viejo Ebro on Twitter twitter.com

El Viejo Ebro on Twitter

twitter.com

 そして張本人のコリンも、報道を否定するツイートの数々をリツイートする形でトラヴィスの関係者が話した証言が嘘だということを主張。

画像: Resist Programming  on Twitter twitter.com

Resist Programming on Twitter

twitter.com

 とくに、「寄付することをコリンが好意的に受け取った」という報道については、寄付先であるDream Corpsが2016年に、コリンの抗議をやめさせることを目的とするNFLの対応で金銭を受け取ったことを明かし、NFLの手の内にあることを指摘したツイートをコリンがリツイート。報道が誤っていることを訴えた。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.