Photo:ゲッティイメージズ、スプラッシュ/アフロ
人気シンガーのリアーナが、何やら水面下であるプロジェクトをスタートさせている。(フロントロウ編集部)

 コスメブランドやランジェリーブランドが好調なリアーナが、水面下で新たなプロジェクトを進めている。

 そのプロジェクトとは、新たなファッションブランドの立ち上げ。リアーナはスポーツブランドのプーマ(Puma)とコラボし、2016年2月にはニューヨークコレクション、9月にはパリコレデビューを果たし、デザイナーとして高い評価を得た。

画像1: リアーナ、「謎のサングラス」が話題を呼び新たなウワサが浮上

 そんなリアーナが、ディオール(Dior)やフェンディ(Fendi)、そしてセリーヌ(Celine)といったトップクラスのブランドをまとめるLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH Moët Hennessy Louis Vuitton)グループと手を組み、新たなファッションブランドを手掛ける予定だと米メディアWWDが報じている。

 このウワサの発端となったのは、リアーナがパパラッチされたときにかけていたサングラス。このサングラスは、「Fenty」のロゴが入っていっており、リアーナの新ブランドの試作品だと関係者がWWDに明かした。 新たなファッションブランドの立ち上げやアルバムのリリースなど、2019年はリアーナにとってさらに大きな動きがある1年になりそう。

画像2: リアーナ、「謎のサングラス」が話題を呼び新たなウワサが浮上

 関係者によると、LVMHはすでにリアーナの新ブランドの立ち上げに向けてスタッフの人選を行なっており、その中にはルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)やセリーヌ(Celine)といった一流メゾンで働いている人もいるという。

 また違う関係者によると、2019年にリリース予定のアルバムに合わせ新ブランドをお披露目する予定があると語っている。

 新たなファッションブランドの立ち上げやアルバムのリリースなど、2019年はリアーナにとってさらに大きな動きがある1年になりそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.