Photo:ゲッティイメージズ、スプラッシュ/アフロ
大御所俳優のモーガン・フリーマンの義理の孫娘エディナ・ハインズを殺害した、元恋人のラマー・ダヴェンポートに懲役20年が言い渡された。(フロントロウ編集部)

めった刺しにして殺害した事件から3年

 オスカー俳優モーガン・フリーマンの最初の妻ジャネット・アデア・ブラッドショーの孫である当時33歳のエディナ・ハインズの刺殺事件が起きたのは2015年8月。

 当時の恋人ラマー・ダヴェンポートがアルコールを摂取し薬物を服用した状況で、エディナの体を20ヵ所以上もナイフでめった刺しにして殺害した。

画像1: めった刺しにして殺害した事件から3年

 エディナ殺害後すぐに逮捕されたラマーは、2018年5月に最も重い殺人罪を表す第一級殺人で有罪判決され、現地時間1月17日に20年の懲役が言い渡された。

画像2: めった刺しにして殺害した事件から3年

 この事件を受けて、エディナとは血縁関係にはないものの子育てをサポートしていたモーガンは、「彼女の芸術性や溢れる才能を世界が知ることなく逝ってしまった」と悲しみに満ちた追悼文を公開した。

画像3: めった刺しにして殺害した事件から3年

 20年の懲役を言い渡されたラマーは、釈放された後の5年間も監視下に置かれる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.